日本芳香族工業会 BTXの昨年の需要は3%減

,

2019年3月13日

 日本芳香族工業会は12日、昨年のBTX(ベンゼン・トルエン・キシレン)需要実績と今年の需要見通しを発表した。昨年のBTXの需要合計(輸出含む)は、ベンゼンとトルエンの内需減少の影響により、前年比3%減の1301万2000tとなった。2017年の過去最高値に比べると減少しているが、15、16年の実績を上回っており、1300万t超の高い水準を維持した。

 ベンゼンの内需については、スチレンモノマー(SM)、フェノール/クメン、シクロヘキサン/ヘキセン、その他が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について