経産省 6月のエチレン生産は4ヵ月連続でプラス

,

2019年7月17日

 経済産業省が12日に発表したエチレン生産速報によると、6月の生産量は前年同月比20.5%増の49万2900tとなり、4カ月連続で前年実績を上回った。前月比では1.7%減で、3カ月連続でマイナスとなった。

 前年同月が3プラントで定修を行っていたのに対し、今回は2プラントだったことで、生産量が2桁増になったと考えられる。

日本スチレン工業会 PSの1-6月期国内出荷は1%減

,

2019年7月17日

 日本スチレン工業会が16日に発表した生産出荷実績によると、2019年1-6月期のポリスチレン(PS)の国内出荷は前年同期比1%減の32万7000tとなった。

 同日開催の定例会見で佐藤公会長(PSジャパン社長)は、「4月の値下げを見越し3月は買い控えで落ち込んだが、4月以降は反動で回復してきている」と総括した。

 輸入品については「1、2月は内外価格差が逆転し輸入品が増加したが、4月の値下げで再逆転し5月は1500tに減少した」とし年間換算では3万8400t(昨年約3万t)との見通しを示した。

 1-6月期の国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

プラ工連 5月の実績は原材料・製品の生産・輸出入ともに減

2019年7月10日

 日本プラスチック工業連盟はこのほど、定例会見を開き、原材料・製品の生産・輸出入状況などの報告を行った。

 確報となる4月のプラスチック原材料生産状況は、前年同月比3%減の85万9000tとマイナスに転じ、5月の速報でも同1%減となっている。5月の主要製品は、ポリプロピレンが回復したものの、ポリエチレンとポリスチレン(AS樹脂、ABS樹脂を含む)は前月に続き前年割れ、塩化ビニル樹脂は前月の2桁増から一転してマイナスとなったことで、全体として前年水準を下回った。

 また、4月のプラスチック製品生産状況は、同微減の49万1000tと2カ月連続でマイナスとなり、5月の速報でも前年割れで推移している。5月は主要製品の機械器具部品と容器(中空成形)は前年を上回ったものの、主力のフィルム・シートが振るわず、パイプや日用品・雑貨なども軒並みマイナスとなった。

 一方、確報となる5月のプラスチック原材料輸出は、4カ月ぶりに減少した。熱硬化性樹脂の数量は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

日本ソーダ工業会 カセイソーダの5月の出荷合計は2カ月ぶりにマイナス

,

2019年7月5日

 日本ソーダ工業会がこのほど発表したソーダ工業薬品需給実績によると、5月のカセイソーダの出荷合計は、前年同月比6%減の27万4000tだった。

 輸出が同41%減の1万7000tと、前月の大幅増から一転して大幅減になったことに加え、内需も2%減の25万8000tとなったことで、出荷合計は2カ月ぶりにマイナスとなった。

 内需を用途別に見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

日本プラスチック板協会 5月のPC平板の出荷は1434t

,

2019年7月4日

 日本プラスチック板協会はこのほど、ポリカーボネート(PC)平板・波板、硬質塩化ビニル平板・波板の5月需給実績を発表した。

 それによると▽PC平板=生産1526t、内需1434t、輸出0t、出荷合計1434t、在庫5083t(前月比1.8%増)▽PC波板 “日本プラスチック板協会 5月のPC平板の出荷は1434t” の続きを読む

OPPフィルム 5月の国内出荷は2カ月ぶりに減少

, ,

2019年7月1日

 日本ポリプロピレンフィルム工業会がこのほど発表した需給実績によると、5月のOPP(延伸ポリプロピレン)フィルムの国内出荷は前年同月比7%減の1万7400tとなり、2カ月ぶりにマイナスとなった。

 用途別では、食品用が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

財務省 5月の輸入ナフサ価格はCIF4万4200円/kl

,

2019年6月28日

 財務省が27日に発表した貿易統計によると、5月の輸入ナフサ価格は580.40ドル/t、CIF4万4200円/kl(為替レート:111.1円/米ドル)となった。

 なお、諸チャージ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

合成ゴム工業会 合成ゴムの4月の出荷量は3カ月連続で減少

2019年6月28日

 合成ゴム工業会がこのほど発表した需給実績によると、4月の合成ゴム全体の出荷量は前年同月比4%減の11万5900tとなり、3カ月連続でマイナスとなった。

 出荷量を品目別で見ると、SBRは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について