アジア石化市況 春節休暇でオレフィンは前週並み

, , , , , , ,

2020年2月18日

芳香族は下落基調を継続、原油・ナフサ安に連動

 アジア地域の1月第5週の石化市況では、前週までの上昇基調が一服し、エチレンは下値10ドル/t高、上値ステイの840~860ドル/tでの取引となった。春節休暇に入ったことで大きな動きが見られず、ほぼ前週並みの水準となっている。スプレッドは、スポットナフサ価格が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

宇部興産 運送費高騰などで、硝酸製品を4月1日から値上げ

, ,

2020年2月17日

 

 宇部興産は14日、硝酸製品の価格を4月1日出荷分から値上げすることを決定し、ユーザーとの交渉を開始すると発表した。

 価格改定幅は濃硝酸(98%)と希硝酸(62%)、希硝酸(67.5%)が「6円/kg」、希硝酸・ポリ缶が「10円/kg」。硝酸製品の価格改定は2018年2月以来となる。

 同日開催した記者説明会で、化学カンパニーナイロン・ファイン事業部の鈴木敏泰工業薬品営業部長は、値上げ要因として運送費高騰と安定供給体制の強化を挙げ、事業を

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

昭和電工 アンモニアの国内販売価格を4月1日から値上げ

,

2020年2月13日

 昭和電工は12日、アンモニアの国内販売価格について、4月1日納入分から値上げすると発表した。改定幅は、液化アンモニア(ローリー扱い)が20円/kg以上、液化アンモニア(ボンベ扱い)が40円/kg以上、アンモニア水(ローリー扱い)が8円/kg以上となっている。

 アンモニア事業は、ローリー乗務員の慢性的不足や専用船舶の老朽化に加え、国内中継基地の廃止など物流網の構造変化の影響を大きく受けており、安定供給のための物流コストが年々高騰。また、生産設備の維持・更新費用も増大しており、採算性が悪化している。

 同社は、製造原価低減や物流の効率化などを積み重ね、コストダウンに努めてきたが、自助努力での対応の限界を超えているため、製品の安定供給・生産体制を維持するためには、価格改定が避けられないと判断し今回の値上げを決定した。