中国汎用樹脂輸入 7月は全品目で前年比マイナス

2022年9月15日

前月比3品目プラス、PE2ヵ月連続で100万t超

 中国の7月の汎用樹脂輸入は、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSのすべての品目が前年比マイナスとなった。PVCのみ前月まで3ヵ月連続でプラスを維持してきたが、数量が伸びずマイナスに転じた。

 上海ロックダウンが解除された後も

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 6月もPVCのみ前年比プラス

2022年8月24日

前月比では回復傾向、PE3ヵ月ぶり100万t回復

 中国の6月の汎用樹脂輸入は、3ヵ月連続で、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSの5品目が前年比マイナスとなり、塩ビ樹脂(PVC)のみプラスとなった。中国の内需が低迷していることもあり、汎用樹脂の輸入は前年の実績を下回って推移している。ただ前月比で見ると、PPとABSがマイナスだったのに対し、PE、PVC、PS、EPSがプラスとなっており、樹脂ごとの動きに違いが見え始めている。

 6月の輸入を樹脂別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 5月もPVC以外はマイナス

2022年7月13日

ロックダウンの影響大、PEは100万t割れを継続

 中国の5月の汎用樹脂輸入は、前月と同様、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSの5品目が前年比マイナスとなり、塩ビ樹脂(PVC)のみプラスとなった。上海ロックダウンが長期化する中、中国経済の停滞により工場の稼働が低下し、汎用樹脂の輸入も前年割れが続く。PVCについても、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 2月は2品目が前年比プラス

2022年4月22日

春節の時期が影響、1-2月累計ではマイナスに

 中国の2月の汎用樹脂輸入は、ポリエチレン(PE)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂がマイナスを継続したのに対し、ポリプロピレン(PP)とEPSがプラスに転じた。またPEがほぼ前年並みとなったのをはじめ、PVC、PS、ABSともマイナス幅が縮小している。その背景として、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 2021年は全品目がマイナス

2022年2月4日

PVCが半分以下の水準、米国PEは35%減に

 中国の2021年の汎用樹脂輸入は、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSの全品目が前年比マイナスとなった。中国経済はコロナ禍においても堅調さを維持したものの、コンテナ船不足やコロナ対策による物流の混乱が長期化していることや、米国の寒波やハリケーンをはじめとした生産トラブルの影響がアジア地域にも波及したことなどにより、全品目が2桁以上の大幅減となっている。

 品目別で見ると、PEは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 11月も全品目がマイナス継続

2022年1月14日

前月比では改善傾向示す、米国PEも増加傾向に

 中国の11月の汎用樹脂輸入は、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSとも、前年同月比でマイナスを継続した。中国自体の景気がやや鈍化傾向にあることや、コンテナ不足や人手不足による物流の混乱などが継続していることが背景にある。ただ、国慶節や電力不足の影響などで落ち込んだ10月との比較では全品目がプラス。前年との比較でもマイナス幅は約2~3割程度に縮小しており、持ち直しのきざしが見られる。

 11月の輸入を樹脂別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 10月も全品目が前年比マイナス

2021年12月6日

国慶節や電力制限が影響、米国PEは5万t維持

 中国の10月の汎用樹脂輸入は、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSとも前年同月比でマイナスとなった。世界的に供給が不安定になる中、コンテナ不足による物流の混乱が解消されず、4月以降はマイナス基調を継続している。

 こうした中、10月は国慶節休暇に加え中国政府の電力規制などにより工場の稼働率が低下、その影響もあり

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 9月も低水準の荷動きが継続

2021年11月10日

全品目が前年比マイナス、米国PEは5万t回復

 中国の9月の汎用樹脂輸入は、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSとも前年同月比でマイナスとなった。

 世界的に異常気象やトラブルで供給が安定していないことに加え、コンテナ不足による物流の混乱が継続していることもあり、4月以降の荷動きは低水準が続いている。また、7月以降の輸入量は回復傾向にあったが、9月は前月比でマイナス(PE、PP、PVC)とプラス(PS、ABS、EPS)が半分ずつとなった。電力不足による工場の稼働低下が影響したと見られる。

 9月の輸入を樹脂別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 8月も全品目で前年比マイナス

2021年10月11日

前月比では回復傾向、米国PEは2割程度の水準

 中国の8月の汎用樹脂輸入は、昨年に比べて低調な荷動きが続いている。ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂、EPSは前年同月比でマイナス基調を継続した。ただ前月比では、EPSを除きプラスとなっており、徐々にではあるが回復傾向が見られている。

 8月の輸入を樹脂別で見ると、PE全体では前年同月比15.6%減の131万1000tとなった。品目別では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

中国汎用樹脂輸入 5月も引き続き低調な荷動き

2021年7月28日

全品目がマイナス、米国PEはプラス基調を継続

 中国の5月の汎用樹脂輸入は、4月に引き続き低調な荷動きとなった。ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、塩ビ樹脂(PVC)、ポリスチレン(PS)、ABS樹脂は前年同月比でマイナスを継続し、EPSもマイナスに転じたことですべての品目が前年実績を下回っている。中でもPVCは世界的に市況が高騰していたこともあり、輸入量が前年の約4分の1にまで減少した。

 5月の輸入を樹脂別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について