アジア石化市況 エチレンMTOの稼働調整で上昇

2022年12月6日

芳香族3製品は軟化、スチレンモノマーも連安に

 アジア地域の10月第3週の石化市況では、エチレンは前週比15ドル高の880ドル/tで取引された。これで2週連続の上昇となる。メタノール価格の上昇に伴い、MTO(メタノールtoオレフィン)設備が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

OPPフィルム 10月の国内出荷、5ヵ月連続でマイナス

, , ,

2022年12月1日

 日本ポリプロピレンフィルム工業会がこのほど発表した需給実績によると、10月の国内出荷は、OPP(延伸ポリプロピレン)フィルムは5ヵ月連続で前年同月比マイナスとなり、CPP(無延伸ポリプロピレン)フィルムも12ヵ月ぶりにマイナスに転じるなど、国内需要の悪化を示す結果となった。OPPフィルムの国内出荷は、前年同月比8.1%減の1万7900tとなった。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 10月の国内出荷は6%減、5ヵ月連続で減少

,

2022年11月30日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した生産出荷実績によると、10月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比6%減の4万8100tとなった。5ヵ月連続でマイナスとなり、再び5万tを下回っている。9月に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本プラスチック板協会 硬質PVC平板除き累積出荷不調続く

, ,

2022年11月28日

 日本プラスチック板協会はこのほど、ポリカーボネート(PC)と硬質塩化ビニル(PVC)の平板・波板の9月の需給実績を発表した。

 それによると、9月の生産は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 8月のエチレン換算輸出入、9万2000tの出超

,

2022年11月25日

 石油化学工業協会が発表したエチレン換算輸出入実績によると、8月は9万2400tの出超となった。エチレン換算輸出は前年同月比21.0%減の14万7500tとなり、15ヵ月連続でマイナスとなっている。

 主要品目では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 MMAモノマー、10月の国内出荷は24%増に

, ,

2022年11月21日

 石油化学工業協会が17日に発表した10月のMMA(メタクリル酸メチル)の需給実績によると、モノマーの国内出荷は前年同月比24%増の1万3700tとなった。3ヵ月ぶりのプラスとなり、1万t台を回復している。

 ポリマーの国内出荷は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

汎用4樹脂 10月の国内出荷、全品目が前年比マイナス

,

2022年11月21日

 業界筋によると、10月の汎用4樹脂の国内出荷は、低密度ポリエチレン(LDPE)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)の4品目とも前年同月比マイナスを継続した。

 消費マインドとしては、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 10月のエチレン生産は15%減、稼働率85%に上昇

,

2022年11月21日

 石油化学工業協会が17日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、10月のエチレン生産は前年同月比15.2%減の47万300tとなった。前年は定修がなかったのに対し、今年は1社1プラントで定修が行われている。

 稼働プラントの平均稼働率は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABS樹脂 10月の総出荷1%減、14ヵ月連続で減少

,

2022年11月16日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、10月の総出荷量は前年同月比1%減の2万3400tとなり、14ヵ月連続のマイナスとなった。ほぼ前年並みまで戻ってきたが、前月比では6%減となっており低調な出荷が続いている。

 国内出荷は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について