ABS樹脂 9月の出荷は4%減、12カ月ぶりにマイナス

,

2021年10月18日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、9月の総出荷量は前年同月比4%減の2万5900tとなり、12カ月ぶりにマイナスとなった。国内出荷は、コロナ禍から回復したことで高水準だった昨年9月の実績を維持したが、中国景気の減速に伴い輸出が2桁マイナスとなったことが響いている。ただ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

プラ工連8月実績 製品生産は堅調も、自動車減産が響く

,

2021年10月15日

 日本プラスチック工業連盟がこのほど発表したプラスチック原材料・製品の生産・輸出入状況によると、確報となる7月のプラスチック原材料生産は、前年同月比14%増の84万6000tと5カ月連続のプラスだった。ただ、コロナ禍前の2019年との比較では、3%減と2カ月連続で前々年を下回った。8月は速報値ベースで前年同月比6%増と伸長している。

 8月の生産状況を見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

カセイソーダ 8月の内需は5%増、輸出はプラスを回復

,

2021年10月14日

 日本ソーダ工業会がこのほど発表したソーダ工業薬品需給実績によると、8月のカセイソーダの内需は前年同月比4.5%増の26万2300tとなり、5カ月連続でプラスとなった。自家消費(同8.8%増)、販売(同2.2%増)ともプラスを継続している。

 用途別で見ると、化学工業用が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 8月の国内出荷は19%増、輸入玉は減少傾向

,

2021年10月8日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、8月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比18.5%増の1万4600tと9カ月連続のプラスで推移した。ただ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本プラ板協会 出荷量は前月割れ、累積では前年超え

, ,

2021年10月6日

 日本プラスチック板協会はこのほど、ポリカーボネート(PC)と硬質塩化ビニル(PVC)の平板・波板の8月の需給実績を発表した。それによると、8月の出荷は全て前月を下回った。前年同月比ではPC、硬質PVCともに平板は増加、波板は減少した。

 月別の出荷量の推移を見ると、PC波板は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

OPPフィルム 8月の国内出荷、前年同月比10%増

, ,

2021年10月1日

 日本ポリプロピレンフィルム工業会がこのほど発表した需給実績によると、8月のOPP(延伸ポリプロピレン)フィルムの国内出荷は、前年同月比9.9%増の1万6900tと、4カ月連続でプラスとなった。ただ、前月比では11.2%減と3カ月ぶりにマイナスとなっている。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 8月の国内出荷は7%増、FS用途のみ減少

,

2021年9月29日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した生産出荷実績によると、8月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比7%増の4万7200tとなり再びプラスに転じた。昨年はコロナ禍による行動制限の影響を受け低調な出荷となっていたが、その反動から高い伸びを示している。

 国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

合成ゴム 6月の出荷量は前年比53%増と好調

,

2021年9月29日

9カ月連続でプラス、前年のコロナ禍の反動顕著

 合成ゴム工業会がこのほど発表した生産・出荷・在庫実績によると、6月の合成ゴムの出荷量は前年同月比52.7%増の11万4400tだった。これで昨年10月から9カ月連続でプラスを継続しており、自動車生産の本格的な回復など、対面業界の需要の強さが伺われる。特に昨年は、コロナ禍の影響で2Q(4-6月期)は合成ゴムの需要が大幅に落ち込んでいたため、今年の2Qは前年同期比53.3%増と反動が顕著に表れる結果となった。

 品目別に見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について