石化協 2月エチレン換算輸出入は10万8900tの出超

,

2021年5月12日

 石油化学工業協会が発表したエチレン換算輸出入実績によると、2月は10万8900tの出超となった。エチレン換算輸出は前年同月比3.6%減の16万9700tとなり、7カ月ぶりにマイナスとなった。

 主要品目では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 1-3月期の国内出荷は前年同期比9%増

, , , ,

2021年4月26日

 日本スチレン工業会は20日、定例会見を開催し、ポリスチレン(PS)とスチレンモノマー(SM)の出荷実績について説明を行った。2021年1-3月期のPSの国内出荷は前年同期比9%増の16万7300tだった。

 室園康博会長(PSジャパン社長)は、「四半期の国内出荷の合計が16万t台となったのは2019年10-12月期以来だ。コロナ禍による巣ごもり需要で、食品包装用途に加え、空気清浄機やエアコンといった家電の電機・工業用途も好調が続いている。また4月からの値上げを見据えた仮需も3月に発生した」と総括した。

 1-3月期の国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABS樹脂 3月の出荷は21%増、6カ月連続でプラスに

,

2021年4月22日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、3月の総出荷量は前年同月比21%増の3万2500tと6カ月連続でプラスとなった。昨年12月以来3カ月ぶりに3万t台を回復している。国内出荷が同9%増の2万800t、輸出が同51%増の1万1700tだった。輸出は昨年9月以降、7カ月連続で2桁台の伸びが継続しており、海外市場での旺盛な需要が伺われる。

 3月の国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 3月のMMAモノマー国内出荷は前年並み

,

2021年4月21日

 石油化学工業協会が20日に発表した3月のMMA(メタクリル酸メチル)の需給実績によると、モノマーの国内出荷は前年並みの1万1094tとなった。

 ポリマーの国内出荷は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

汎用4樹脂、3月の国内出荷は2カ月連続で全樹脂がプラス

2021年4月21日

 業界筋によると、3月の汎用4樹脂の国内出荷は、低密度ポリエチレン(LDPE)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)ともに前月に引き続き前年を上回る結果となった。前年は、新型コロナウイルスの感染拡大から、製造業の生産活動や飲食などのサービス産業に影響が出始めたことにより樹脂の出荷が弱含み始めた。それに対し今年は、すべての樹脂で回復している。

 LDPEではフィルム分野や加工紙分野、HDPEでは中空成形分野など主力分野の出荷が増加した。また、PPでは、射出成形分野と共に押出成形分野の出荷が大きく増加。PSでは、包装分野を中心に各分野で出荷が増加した。

 3月の出荷合計を品目別に見ると、LDPEは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 3月エチレン生産は25%増、稼働率96%に上昇

,

2021年4月21日

 石油化学工業協会が20日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、3月のエチレン生産は前年同月比24.8%増の56万5900tだった。稼働プラントの平均稼働率は95.6%となり、前月から2.0ポイント上昇している。

 他の17品目については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

カセイソーダ 2月の内需3%減、輸出は2カ月ぶり減少

,

2021年4月16日

 日本ソーダ工業会がこのほど発表したソーダ工業薬品需給実績によると、2月のカセイソーダの内需は前年同月比3.4%減の24万6200tとなり、2019年5月以降、21カ月連続でマイナスとなった。前月比でも7.3%減と2カ月連続でマイナスとなっており、中でも自家消費の落ち込み(前月比17.7%減)が響いている。

 用途別では、化学工業用が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本プラ板協会 2月の総出荷はPC平板除き前年超え

, , , ,

2021年4月15日

 日本プラスチック板協会はこのほど、ポリカーボネート(PC)と硬質塩化ビニル(PVC)の平板・波板の2月需給実績を発表した。それによると、PC平板の総出荷は依然前年同月比マイナスだが、減少幅は一桁台にまで改善。PC波板は二桁増でプラスに転じた。一方、硬質PVC平板は12カ月連続でプラスを継続し、硬質PVC波板は二桁増となりプラスを回復した。

 2月の詳細は、▽PC平板=生産1221t(前年同月比1%減)、国内出荷1177t(同5%減)、輸出0t、在庫5962t(前月比1%増)

 ▽PC波板=生産789t(前年同月比33%減)、国内出荷682t(同10%増)、輸出0t、在庫2703t(前月比4%増)

 ▽硬質PVC平板=生産1307t(前年同月比15%増)、国内出荷1215t(同34%増、内訳=工業用721t、一般用463t、建材用0t)、輸出31t(同62%減)、在庫2045t(前月比5%増)

 ▽硬質PVC波板=生産398t(前年同月比8%増)、国内出荷387t(同14%増)、輸出0t、在庫1820t(前月比1%増)。

 なお1~2月の累計出荷は、PC平板は前年同期比9%減、PC波板は同7%減、硬質PVC平板は同24%増、硬質PVC波板は同7%増だった。