塩ビ樹脂 8月は国内5%減も輸出堅調で総出荷前年並み

, ,

2019年9月19日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が18日に発表した需給実績によると、8月の塩ビ樹脂(PVC)の総出荷量は前年同月比1%増の13万tだった。国内出荷は同5%減の7万1900tとマイナスで推移したものの、輸出は同9%増の5万8200tと引き続き堅調で、8月のPVC総出荷は11カ月連続のプラスとなった。

 同日開催の定例会見で、横田浩会長(トクヤマ社長)は、8月国内出荷の減少について「8月は建設現場などでも長期の夏休みがあった関係で比較的低調だったが、7月の段階で

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

経産省 7月のエチレン換算輸出入は14万tの出超に

,

2019年9月18日

 経済産業省が13日に発表したエチレン換算輸出入実績によると、7月は14万800tの出超となった。エチレン換算輸出は前年同月比40.5%増の21万2100tとなり、10カ月連続でプラスとなった。

 輸出上位品目の塩化ビニルモノマーは “経産省 7月のエチレン換算輸出入は14万tの出超に” の続きを読む

経産省 8月のエチレン生産は6カ月連続でプラスに

,

2019年9月18日

 経済産業省が13日に発表したエチレン生産速報によると、8月の生産量は前年同月比6.6%増の55万1200tとなり、6カ月連続で前年実績を上回った。前月比でも6.7%増となり、2カ月連続でプラスとなっている。

 定修を行っていたプラントは前年同月と同様、1プラントだったことから、需要の回復が生産量増加の一因と考えられる。

プラ工連 7月は原材料生産が横ばい、輸出は堅調

2019年9月11日

 日本プラスチック工業連盟はこのほど、定例会見を開き、原材料・製品の生産・輸出入状況などの報告を行った。

 確報となる6月のプラスチック原材料生産は、前年同月比6%増の77万4000tと3カ月ぶりにプラスに転じ、7月の速報でも前年並みで推移している。7月の原材料生産は、主な品目ではポリエチレンが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

日本ソーダ工業会 7月のカセイソーダ出荷は2カ月連続でプラス

,

2019年9月4日

 日本ソーダ工業会がこのほど発表したソーダ工業薬品需給実績によると、7月のカセイソーダの出荷合計は、前年同月比4%増の35万5000tだった。

 前月に続き、内需は同3%減の28万3000tと振るわなかったが、輸出が同46%増の7万2000tとなったことで、出荷合計は2カ月連続でプラスとなった。

 内需を用途別に見ると、化学工業用は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

日本ABS樹脂工業会 ABS樹脂の7月総出荷は9%減

,

2019年8月30日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、7月の総出荷量は前年同月比9%減の3万tとなり、3カ月連続でマイナスとなった。国内出荷は同5%増の2万1300tだったが、輸出が同31%減の8700tと落ち込んだことが響いた。

 国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

財務省 7月輸入ナフサ価格はCIF3万9200円/kl

,

2019年8月30日

 財務省が29日に発表した貿易統計によると、7月の輸入ナフサ価格は524.13ドル/t、CIF3万9200円/kl(為替レート:108.0円/米ドル)となった。なお、諸チャージ「2000円」を加算した国産試算価格は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

日本スチレン工業会 7月のポリスチレン国内出荷は2カ月ぶりに減少

,

2019年8月28日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した需給実績によると、7月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比4%減の5万5100tで、2カ月ぶりにマイナスとなった。

 用途別では、包装用が同8%減の2万3700t、電機・工業用は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

合成ゴム工業会 1-6月の合成ゴム出荷量は3%減

, , , , ,

2019年8月28日

BRは増加も、輸入増や工作機械の不振影響か

 合成ゴム工業会がこのほど発表した需給実績によると、今年上半期(1-6月)の合成ゴム全体の出荷量は、前年同期比2.9%減の71万1300tとなった。

 品目別では、SBRが同4.7%減の26万5200t、NBRは同8.4%減の5万3400t、CRは同3.3%減の6万百t、BRは同4.5%増の15万5100t、EPTは同8.0%減の9万7600t、その他は同0.4%増の7万9900t。BRがプラス、その他がほぼ前年並みとなった以外は振るわなかった。

 合成ゴムの主要需要業界の動向を見てみると、日本自動車タイヤ協会がまとめた自動車タイヤの1-6月の生産は、本数で同0.5%増、ゴム量で

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について