クラレ PVB樹脂を値上げ、国内外で来月から実施

,

2022年9月2日

 クラレは1日、ポリビニルブチラール(PVB)樹脂「モビタール」を10月1日出荷分からグローバルで値上げすると発表した。同製品の値上げ発表は今年4月以来のこと。対象銘柄と改定幅は以下の通り。

 低重合度銘柄(B14S、B16H、B20H、BA20S)は、国内向けが「180円/kg以上」、アジアパシフィック、北中南米、中東・アフリカ向けは「1400米ドル/t以上」、欧州向けは「1400ユーロ/t以上」。その他の銘柄は、国内向けが「140円/kg以上」、アジアパシフィック、北中南米、中東・アフリカ向けは「1000米ドル/t以上」、欧州向けは「1000ユーロ/t以上」。対象製品の主要原材料や物流費用などを含めたコストの上昇は、同社の自助努力によるコスト吸収の範囲を超えてきていることから、安定供給を維持するために価格改定を決めた。

クラレ 人事(2022年8月16日)

2022年8月23日

[クラレ・人事](16日)▽クラベラ工場クラベラ生産開発部長兼同工場同部クラベラ開発課長西海洋平▽クラレトレーディング衣料・クラベラ事業部クラベラ企画管理部主席部員中塚均。

クラレ 液状ゴムを値上げ、主要原料価格が高騰

,

2022年8月19日

 クラレはこのほど、液状ゴムを9月1日出荷分から値上げすると発表した。改定幅は、国内向けが「100円/kg」、海外向けが「1.0USドル/kg」。

 当該製品は主要原料価格が高騰し、収益を圧迫している。同社は、製造コストの著しい上昇は自助努力による吸収の範囲を超えることから、供給の継続と事業運営の維持のため、値上げを決定した。

クラレの上期 ビニルアセテートがけん引し増収増益

, ,

2022年8月12日

 クラレが10日に発表した2022年12月期上期(1―6月期)の連結業績は、売上高が3580億円(前年同期比557億円増)、営業利益は381億円(同77億円増)、経常利益は379億円(同94億円増)、純利益は242億円(同125億円増)の増収増益となった。

 川原仁社長は同日に開催した決算会見で、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

クラレ 人事(2022年7月16日)

2022年7月20日

[クラレ・人事](2022年7月16日)▽ビニルアセテート樹脂カンパニー生産技術統括本部生産技術統括部長大原行博▽ビニルアセテートフィルムカンパニー生産技術統括本部生産技術統括部長清水隆行。 

  

クラレ コーポレートタグライン策定、グローバルに展開

, ,

2022年7月6日

 クラレはこのほど、中期経営計画「PASSION 2026」のスタートに合わせて、コーポレートタグライン「Possibule starts here」を新たに策定した。創立記念日(6月24日)からグローバルに展開する。

コーポレートタグライン付ロゴマーク

 同社は1926年の創立以来、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

クラレ 人事(2022年7月1日)

2022年7月5日

[クラレ・人事](1日)▽経理・財務本部長難波憲明▽同本部財務部長野内研一▽倉敷事業所繊維素材企画開発部主管仲村英一郎▽同事業所同部長兼同部企画開発グループリーダー兼クラレ西条クラベラ工場クラベラ生産開発部クラベラ開発課主管(倉敷駐在)遠藤了慶▽岡山事業所産資開発部主管田中次郎▽同事業所同部長城谷泰弘。

クラレ 人工皮革クラリーノ、レノボPCの天板に初採用

, , , ,

2022年6月29日

 クラレはこのほど、人工皮革「クラリーノ」がレノボ・ジャパンのノートブックPC「ThinkPad Z13」の天板に採用されたと発表した。「クラリーノ」が、レノボPCに採用されるのは初となる。

クラリーノが採用されたレノボ「ThinkPad Z13」

 レノボでは、ノートブックPCの性能やデザイン性に加え、環境への意識も高いユーザーに向けた新しい「ThinkPad」の製品開発を進めてきた。今回、クラレが開発した再生プラを原料とする環境対応型の「クラリーノ」が、レノボの商品企画コンセプトとマッチしたことから、フラッグシップモデルであるZシリーズへの採用に至った。

PC天板に採用された「クラリーノ」

 環境対応型「クラリーノ」の特長として、ベースとなるマイクロファイバー不織布には回収したペットボトルを原料とする再生PET樹脂を使用(マイクロファイバーのリサイクル原料比率95%以上)していることや、高い堅牢性をもつ「ThinkPad」ブランドの天板に求められる耐傷性、耐摩耗性、耐薬品性、良好な型押し加工性などの機能性を有しながら、美しい表情を生み出す表面のシボ(凹凸)加工などが挙げられる。

クラレ エラストマー関連製品を値上げ、安定供給を維持

, , , ,

2022年6月29日

 クラレは28日、水添スチレン系熱可塑性エラストマー「セプトン」「ハイブラー」、ブロック化エラストマー「TUポリマー」のグローバル価格を、7月15日出荷分から値上げすると発表した。改定幅はいずれも「0.33米ドル」。

 対象製品の主要原材料やユーティリティ・物流費用などを含む各種コストの上昇は、同社の自助努力による吸収範囲を超えてきている。こうした状況下、安定供給の維持と採算改善のために、価格改定の実施を決めた。

クラレ 人事(2022年6月16日)

2022年6月22日

[クラレ・人事](16日)▽総務・人事本部担当、機密情報管理担当、購買・物流本部担当兼総務・人事本部長常務執行役員藤波智▽総務・人事本部総務部長兼同本部同部秘書グループリーダー兼同本部機密情報管理チームリーダー兼クラレトラベル・サービス社長野本健司▽岡山事業所クラリーノ生産・技術開発部長吉田康弘▽同事業所クラリーノ開発部長兼繊維カンパニークラリーノ事業部グローバルオペレーション部長(岡山駐在)安藤秀一▽クラレ岡山スピニング社長永山励▽退任(同)石井直樹。