クラレ 組織改正(1日)

2021年1月15日

[クラレ/組織改正](1日)【研究開発本部】▽研究開発テーマの早期事業化に向けた施策の実施、および事業化段階テーマの再構築の迅速化を目的に「市場開発部」を「新事業管理部」に改組する▽ベクスター事業拡大のため、「ベクスター生産開発部」に「ベクスターFCCL生産課」を新設し、FCCL(銅張積層板)の生産体制構築を推進する【ビニルアセテート樹脂カンパニー、ビニルアセテートフィルムカンパニー】(国際事業部)▽カンパニー内グループ各社のグローバルな観点による物流最適化と業務品質向上を目的として、「グローバル物流グループ」を新設する【機能材料カンパニー】(生産技術統括本部)▽カンパニー内における事業運営サポート体制強化のため、「生産技術統括部」を機能拡大し「生産技術統括本部」に改組する。本部内には、安全、投資並びに設備技術を始めとする生産技術に関する統括業務を行う「生産技術統括部」と、研究開発と品質管理に関する統括業務を行う「研究開発・品質統括部」を新設する。(環境ソリューション事業部)▽「炭素材料事業部」と「カルゴンカーボン事業部」を統合し、「環境ソリューション事業部」に改組する▽「国内営業部」「海外営業部」「電池材料営業・マーケティング部」を統合再編し、「環境素材部」に改組する▽グローバルなプロダクトマネジメント業務の推進のため、「商品統括部」を新設し、「調達管理部」のプロダクトマネジメント機能と営業部内のカスタマーサービス機能を移管する▽「調達管理部」は原料購買業務に特化することとし、「原料購買部」に改組する【繊維カンパニー】(繊維資材事業部)▽組織運営の効率化、活性化のため、販売部を「原料資材第一部」「原料資材第二部」「原料資材第三部」「機能素材部」「機能テキスタイル部」の5部体制から、「原料資材第一部」「原料資材第二部」「機能素材部」「東京原料資材部」の4部体制へ再編する▽加工品の品質管理を強化するため、「生産管理部」を「生産・加工管理部」と改組し、品質管理グループの業務を拡充する(クラレファスニング)▽「マジックテープ販売部」と「新事業推進部」を統合し、「販売部」に改組する。

 

 

 

クラレ 来月出荷分からエラストマー製品を値上げ

, ,

2021年1月13日

 クラレは12日、水添スチレン系熱可塑性エラストマー「セプトン」「ハイブラー」、およびブロック化エラストマー「TUポリマー」のグローバル価格を、2月1日出荷分から値上げすると発表した。値上げ幅はいずれも「0.22USドル/kg」。

 主要原材料の高騰に対応するため、昨年末に価格改定を実施したが、依然として想定以上の高値で推移し続けており、対象製品のユーティリティや物流費用などを含めた総コストの上昇は、同社の自助努力によるコスト吸収の範囲を超えている状況にある。こうした中、安定供給の維持と採算改善のため、再度、価格改定の実施を決定した。

《化学企業トップ年頭所感》クラレ 川原仁社長

,

2021年1月12日

 新型コロナウイルス感染拡大の世界経済への影響は今後もしばらくは続くと想定され、今年後半からの回復を期待する予測もあるが、まだ先行きは不透明といえる。移動や交流が制限される中ではあるが、できないことを嘆くのではなく、それらを解決する適切な手段を見出だし、どうすれば新しい形や方法で目的を達成できるかを考え、実践することが求められている。グループ社員の力を合わせて、難局を乗り越えていきたい。

川原社長
川原社長

 2021年度は、当社が2026年に迎える創立100周年に向けて、2022年度から始まる次の中期経営計画を策定する年にあたる。これまでに決定・着手した将来への仕掛け、戦略的投資を着実に遂行し成果を獲得するとともに、コロナ禍の影響で揺らいだ稼ぐ力の再検証を行い、着実な収益力の向上を図る一方で、構造的に収益力に懸念がある製品や事業分野については本質的な改善・改革も辞さない姿勢で臨まなければならない。

 次期中計に向けては、ITの戦略的活用によりデジタル・トランスフォーメーションを全社的な取り組みとして推進し、業務プロセスの改革や顧客起点の事業戦略を加速することで、競争優位の強化を目指す。

 さらには、持続可能な自然環境への貢献、生活環境の向上などの諸課題に対しても、企業としてどのように取り組むか、サステナビリティの観点を十分に踏まえて策定の議論を進める必要がある。「世のため人のため、他人(ひと)のやれないことをやる」という当社創業以来の企業理念を具体的に実行し、クラレらしいやり方で社会への貢献を果たすことが求められている。クラレグループの皆さんの自発的、積極的な参画と活発な議論を経て、クラレグループが一つになって進むべき方向性を示せるように充実した1年としていこう。

 また、クラレの新社長として、当社グループを「安全で、安心して働ける会社」「前向きな姿勢で活力と創造力のみなぎる企業」「誇りをもって働ける会社」にしたいと考えている。2026年の創立100周年と、さらにその後に続く将来を見通したクラレグループのあるべき姿を描き、それを実現するために努力をすることは、大きな挑戦であり喜びでもある。クラレの長い歴史の中でも、大きな節目となるであろう今後の数年間を皆さんとともに歩み、大きな目標に向かって邁進したいと考えている。

 

クラレ 人事②(2021年1月1日)

2020年12月28日

[クラレ・人事②](2021年1月1日)【ビニルアセテート樹脂カンパニー】▽カンパニー長兼ポバール樹脂事業部長渡邊知行▽企画管理部長兼ビニルアセテートフィルムカンパニー企画管理部長井上雅演▽国際事業部グローバル物流グループリーダー兼ビニルアセテートフィルムカンパニー国際事業部グローバル物流グループリーダー折戸靖▽ポバール樹脂事業部ポバール樹脂販売統括部長田中彰広▽同事業部グローバルオペレーショングループリーダー仲前昌人【ビニルアセテートフィルムカンパニー】▽カンパニー長藤原純一【イソプレンケミカルカンパニー】▽エラストマー事業部長兼同事業部クラリティ事業推進部長岸井史郎【機能材料カンパニー】▽生産技術統括本部生産技術統括部主管(大阪駐在)越智謙一郎▽同本部同部長兼新潟事業所メタアクリル生産技術開発グループリーダー(東京駐在)三宅克二▽同本部研究開発・品質統括部長浜田健一▽メディカル事業部長兼クラレノリタケデンタル社長山口里志▽環境ソリューション事業部長補佐兼同事業部商品統括部長今井公泰▽同事業部主管池側正▽同事業部環境素材部長佐藤竜太郎▽同事業部同部電池材料課長田中誠▽同事業部原料購買部長田村憲生【繊維カンパニー】▽生産技術統括本部長兼同本部生産技術統括部長吉岡謙一▽同本部同部主管滝口智也▽繊維資材事業部原料資材第一部長兼同事業部同部第二課長林田良平▽同事業部原料資材第二部長西田昌史▽同事業部東京原料資材部長飯田江理夫▽同事業部生産・加工管理部長岩崎嘉宏▽生活資材事業部長補佐兼企画管理部生活資材グループリーダー兼クラレクラフレックス企画管理グループリーダー兼クラレファスニング企画管理グループリーダー山本美智代【倉敷事業所】▽機能製品開発部長(大阪駐在)加藤晋哉▽ポバール研究開発部長加藤雅己【西条事業所】▽設備技術部長兼クラレ西条社長付大熊宏和▽総務部長古賀剛【岡山事業所】▽ビニロン生産技術部長同部品質管理課長川上竜司▽クラリーノ開発部長吉田康弘▽同部主管中西信二▽総務部長尾崎隆王【新潟事業所】▽設備技術部長野田悦希【鹿島事業所】▽総務部長今井知也▽設備技術部長兼所動力グループリーダー永松健治【鶴海事業所】▽所長柏木俊二▽設備技術部長宇野康文▽総務部長詫摩五郎【社会医療法人同心会西条中央病院】▽出向島本智之【クラレアメリカ】▽出向秋月雅春【禾欣可樂麗超繊皮(嘉興)有限公司】▽副総経理藤澤道憲【カルゴン・カーボン・コーポレーション】▽出向岩崎秀治。

クラレ 米国火災事故訴訟で一部和解、特損で下方修正

, , , ,

2020年12月25日

 クラレはこのほど、米国工場で発生した火災事故に関する訴訟について一部原告との和解に基本合意したと発表した。

 火災事故は2018年5月に米国子会社Kurary America(米国:テキサス州)のエバール工場で発生。160人超の外部委託業者の作業員などから損害賠償を求める民事訴訟を起こされた。一部原告とは和解していたが、今回、訴訟の早期解決を図るため、ほかの一部原告との間で和解に至った。

 なお、和解金は約170億円となり、第4四半期に新たに169億円の特別損失を計上。これに伴い、今年度の通期業績予想を修正し、純利益をゼロ(前回予想比150億円減)としている。

 

クラレ PVA繊維2製品を値上げ、採算改善を図る

,

2020年12月25日

 クラレは24日、ポリビニルアルコール(PVA)繊維である「ビニロン」と「クラロン K-Ⅱ」を、来年1月1日出荷分から国内外とも値上げすると発表した。改定幅は、現行価格から「10~20%アップ」。

 人手不足やコンテナ不足による物流費の高騰や、設備の維持・更新費用の増加などに伴い、製造コストが上昇しており、今後もこの傾向が続くと見込まれる。こうした中、同社は、これまで採算改善に取り組んできたが、これらのコスト上昇は自助努力による吸収の範囲を超えるものとなっており、安定供給を維持するために、今回の価格改定の実施を決定した。

クラレ 人事①(2021年1月1日)

2020年12月24日

[クラレ・人事①](2021年1月1日)▽CSR本部長兼同本部CSR部長井出章子【管理部門】▽総務・人事本部人事部主管(大阪駐在)兼同本部大阪総務部主管福原敬二▽同本部大阪総務部長兼クラレ健康保険組合野本健司▽同本部人材開発部主管(大阪駐在)玉置孝二▽経理・財務本部IT統括部運用・技術グループリーダー兼経営企画室主幹(大阪駐在)高原泰弘▽購買・物流本部原料部長上田浩司【研究開発本部】▽企画管理部長田村興造▽新事業管理部長兼アクア事業推進本部企画管理部長兼研究開発本部企画管理部管理グループリーダー仲野秀樹▽知的財産部長中川直▽くらしき研究センター酢ビ系高分子研究所長兼電池材料研究所長前川一彦▽つくば研究センター高分子材料研究所長鍛冶屋敷強▽ベクスター事業推進部長(倉敷駐在)西山正一【アクア事業推進本部】▽技術統括グループリーダー小松賢作▽海外営業部長(大阪駐在)兼企画管理部マイクロフェード管理グループ主管兼クラレアクア営業部長白木国広。

クラレ コンバーティングテクノロジー総合展に出展

, ,

2020年12月21日

 クラレは現在開催中の、「コンバーティングテクノジー総合展2021」のオンライン展示会に出展している。同社グループの素材と技術を紹介しており、ウェブを通じて担当者との面談を行える。

 公式サイト(https://www.convertechexpo.com/index.html)「新機能性材料展」内のマテリアルゾーンで、①アクリル系ブロック共重合体「クラリティ」、②ウェットワイパー「オキシガード」、③混抄紙コンポジット(開発品)、④液状酸素吸収剤「DPNG」(開発品)、⑤新規架橋剤・UV硬化促進剤「IPEMA」(開発品)、⑥新規耐熱性ポリアミド樹脂(開発品)などを展示中だ。来年1月15日まで開催。

クラレ 人事(2021年1月1日)

2020年12月9日

[クラレ・人事](2021年1月1日)▽会長伊藤正明▽社長川原仁▽ビニルアセテート樹脂カンパニー管掌ビニルアセテートフィルムカンパニー管掌、代表取締役専務執行役員早瀬博章▽機能材料カンパニー長、取締役常務執行役員髙井信彦▽研究開発本部担当アクア事業推進本部担当、専務執行役員柏村次史▽繊維カンパニー長補佐(出向予定倉敷中央病院)、執行役員中村育雄▽ビニルアセテート樹脂カンパニー長兼同カンパニーポバール樹脂事業部長、同役員渡邊知行▽同カンパニー長補佐(倉敷国際ホテル社長就任予定)、同役員山口勝正▽機能材料カンパニー環境ソリューション事業部長兼カルゴン・カーボン・コーポレーション社長、同役員スティーヴンR.ショット▽社長付(2021年3月常勤監査役就任予定)、同役員上原直哉▽CSR本部担当補佐管理部門担当補佐兼同部門総務・人事本部長、同役員藤波智▽機能材料カンパニー環境ソリューション事業部事業部長補佐大塚清人▽ビニルアセテート樹脂カンパニーエバール事業部長下浩幸▽クラレノリタケデンタル社長補佐兼同社CTO有川清之▽ビニルアセテートフィルムカンパニー長藤原純一▽研究開発本部長佐々木繁▽機能材料カンパニーメディカル事業部長兼クラレノリタケデンタル社長山口里志▽繊維カンパニー生産技術統括本部長吉岡謙一▽鶴海事業所長柏木俊二▽クラレヨーロッパ副社長井上淳▽研究開発本部くらしき研究センター長須郷望▽イソプレンカンパニーエラストマー事業部長岸井史郎▽機能材料カンパニー生産技術統括本部長社秀樹▽繊維カンパニークラリーノ事業部長熊野敦▽鶴海事業所長補佐安藤義幸▽経営企画室担当補佐スタンリーフクヤマ▽エバールヨーロッパ社長ベーレンドブーツマ。

クラレ TCFD提言に賛同、環境負荷低減に向け注力

,

2020年12月4日

 クラレはこのほど、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同を表明したと発表した。

 TCFDは、金融システムの安定化を図る国際的組織である金融安定理事会(FSB)の下に設置され、2017年に気候変動がもたらすリスクと機会について情報開示を求める提言を公表。この提言には、企業が気候変動のリスク・機会を認識し経営戦略に織り込むことの重要性が言及されている。 

 クラレグループは「世のため人のため、他人(ひと)のやれないことをやる」というミッションの下、創立以来、自然環境・生活環境に貢献する事業展開を行ってきた。近年、ますます重要性が高まっている気候変動問題については、サステナビリティ活動の重要課題(マテリアリティ)の1つとして、〝基盤強化のための価値づくり〟の「資源の有効利用と環境負荷の削減」、および〝事業を通じた価値づくり〟の「自然環境の向上」の中に位置づけた上で、取り組みを進めている。

 同社グループではこれからも、環境にやさしい生産プロセスによる自らの生産活動での環境負荷低減や、顧客サイドでの製品製造過程についても環境負荷低減への貢献に注力するとともに、自然環境の向上に資する製品・ソリューションの提供に取り組んでいく。