石化協 5月のエチレン生産は21%増、稼働率94%に低下

,

2021年6月18日

 石油化学工業協会が17日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、5月のエチレン生産は前年同月比20.6%増の52万8700tとなった。前年同月は2プラントで定修があったが、今年は定修が1プラントだったことが背景にある。ただ、稼働プラントの平均稼働率は93.8%となり、フル稼働の目安とされる95%を3カ月ぶりに下回った。

 他の17品目については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 4月のエチレン生産は17%増、稼働率95%に

,

2021年5月28日

 石油化学工業協会が27日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、4月のエチレン生産は前年同月比17.4%増の54万6200tとなった。前年同月は2プラントで定修があったが、今年は定修がゼロだったことが背景にある。また、稼働プラントの平均稼働率は95.3%となり、フル稼働を維持している。

 他の17品目については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 3月エチレン生産は25%増、稼働率96%に上昇

,

2021年4月21日

 石油化学工業協会が20日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、3月のエチレン生産は前年同月比24.8%増の56万5900tだった。稼働プラントの平均稼働率は95.6%となり、前月から2.0ポイント上昇している。

 他の17品目については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 2020年エチレン生産8%減、平均稼働率93%

,

2021年1月22日

 石油化学工業協会が21日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、2020年(1-12月期)のエチレン生産は前年比7.7%減の592万3500tとなった。稼働プラントの年間平均稼働率は92.5%となり、フル操業の目安となる95%を下回っている。

 昨年は各社の定修が重なったことに加え、コロナ禍の影響で石化製品の需要が落ち込み、春先から夏場にかけて稼働が低下したことが背景にある。他の17品目の生産についても、 “石化協 2020年エチレン生産8%減、平均稼働率93%” の続きを読む

石化協 11月のエチレン生産は2%減、稼働率94%に低下

, ,

2020年12月18日

 石油化学工業協会が17日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、11月のエチレン生産は前年同月比2.1%減の54万tだった。稼働プラントの平均稼働率は94.4%となり、前月から1.4ポイント低下している。

 他の17品目については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 10月のエチレン生産は7%減、稼働率96%に上昇

,

2020年11月24日

 石油化学工業協会が19日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、10月のエチレン生産は前年同月比7.0%減の51万9100tだった。稼働プラントの平均稼働率は96.1%となり、前月から3.1ポイント上昇している。

 他の17品目については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 9月のエチレン生産は9%減、稼働率は93%

,

2020年10月23日

 石油化学工業協会が22日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、9月のエチレン生産は前年同月比8.5%減の48万7700tだった。稼働プラントの平均稼働率は92.8%となり、前月から1.0ポイント上昇している。

 他の17品目については、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 8月のエチレン生産は2%減、稼働率92%に低下

,

2020年9月18日

 石油化学工業協会が17日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、8月のエチレン生産は前年同月比1.5%減の54万3000tだった。前月比では4万2200t増加した。稼働プラントの平均稼働率は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 7月のエチレン生産は3%減、稼働率は94%に

, ,

2020年8月21日

 石油化学工業協会が20日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、7月のエチレン生産は前年同月比3.0%減の50万900tだった。稼働プラントの平均稼働率は93.8%と前月(92.2%)から1.6ポイント上昇し、好不調の節目となる90%台を2カ月連続で上回った。定修は、昨年の1プラントに対し、今年は3プラントで行われている。

 エチレン以外の品目についても

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 4月のエチレン生産は10%減、稼働率91%に回復

,

2020年5月25日

 石油化学工業協会が21日に発表した主要石化製品18品目生産実績によると、4月のエチレン生産は前年同月比9.7%減の46万5000tだった。稼働プラントの平均稼働率は91.4%とフル稼働となる95%を2カ月連続で下回ったものの、前月(88.7%)の落ち込みからは改善した。定修規模の増加と稼働率要因からエチレンをはじめ各誘導品の生産も大幅な減産が続いていることが背景にある。

 他の17品目についても、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について