塩ビ 1月のインド向け輸出価格、2カ月連続で下落

,

2022年1月7日

需要期も高値では契約せず、安価な中国品も影響

 塩ビ樹脂(PVC)の1月分のアジア輸出価格は、インド向けが前月比200ドル安の1700ドル/t、中国・その他向けは同130ドル安の1360ドル/tで決着した。台湾大手メーカーも、インド向け同120ドル安の1590ドル/t(ボリュームディスカウントなし)、中国向け同130ドル安の1360ドル/t(同なし)で決着している。

 世界的な塩ビの需給タイトが継続する中、電力規制で中国カーバイド法塩ビの生産が減少したことや、石炭価格が高騰したこともあり、昨秋にアジア地域の塩ビ市況が高騰。それに伴い輸出価格も11月まで上昇基調を強めていた。しかし、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 11月の国内出荷は11%増、輸出は5万1000t

, ,

2021年12月20日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が16日に発表した需給実績によると、11月の塩ビ樹脂(PVC)の国内出荷は前年同月比11.1%増の9万3100tとプラスに転じた。塩ビ各社が打ち出した11月末から12月頭の値上げ前の前倒し需要もあると見られ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ 12月のインド向け輸出価格、4カ月ぶり下落

,

2021年12月8日

中国カーバイド品の下落が波及、需要は堅調維持

 塩ビ樹脂(PVC)の12月分のアジア輸出価格は、インド向けが前月比150ドル安の1900ドル/t、中国その他向けは同150ドル安の1490ドル/tで決着した。台湾大手メーカーも、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドPVC輸入 7月は13カ月ぶり10万t割れ

,

2021年11月8日

市況高騰で買い控えに、日本はシェア2位を回復

 貿易統計によると、インドの7月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は、前年同月比15.3%減の8万9800tとなった。新型コロナ感染拡大によるロックダウンの影響で輸入量が落ち込んだ昨年6月(5万8600t)以来、13カ月ぶりに10万tを割り込んでいる。

 その背景として、PVCの市況が急激に上昇したことで、需要家が買い控えの姿勢を強めたことが挙げられる。春先は、米国寒波の影響で世界的な玉不足となり、需要家が玉確保に動いたため、インドの輸入量も5月(18万1100t)にかけて急増。しかし、市況が大幅に上昇したことで製品価格への転嫁が難しくなり、需要が一気に減少したことで、7月の輸入量は9万tレベルにまで低下する結果となった。

 7月の輸入を国別でみると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 11月のインド向け輸出価格、2000ドル突破

,

2021年11月5日

中国が電力不足で供給減少、需給が一段とひっ迫

 塩ビ樹脂(PVC)の11月分のアジア輸出価格は、インド向けが前月比170ドル高の2050ドル/t、中国その他向けは同250ドル高の1640ドル/tで決着した。台湾大手メーカーも、インド向け同250ドル高の1860ドル/t(ボリュームディスカウントなし)、中国向け同250ドル高の1640ドル/t(同なし)で決着している。両地域とも、大幅高となった前月からさらに上昇しており、過去最高レベルとなっている。

 その要因として、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 9月の国内出荷は2%増、輸出は5万t割れ

, ,

2021年10月27日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)がこのほど発表した需給実績によると、9月の塩ビ樹脂(PVC)の国内出荷は前年同月比2.2%増の8万4700tとなった。硬質用は同微増の4万5200tとプラスに回復し、軟質用は同5.4%増の2万200t、電線・その他用は同3.0%増の1万9300tといずれもプラスを継続した。ただ、コロナ禍前の2019年との比較では、3用途とも3~8%減で推移している。

 9月の国内製品別生産出荷実績によると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂、10月のインド向け輸出、前月比280ドル高

,

2021年10月7日

需要期で買い殺到も、コンテナ船不足で調達困難

 塩ビ樹脂(PVC)の10月分のアジア輸出価格は、インド向けが前月比280~290ドル高のCFR1880ドル/t、中国その他向けは同120ドル高の1390ドル/tで決着した。

 台湾大手メーカーも、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 8月の国内出荷は3%増、輸出は6万t越え

,

2021年9月17日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)がこのほど発表した需給実績によると、8月の塩ビ樹脂(PVC)の国内出荷は前年同月比3.0%増の6万6500tとなった。硬質用は同0.3%減の3万4900tと4カ月ぶりにマイナスに転じたが、軟質用は同10.6%増の1万5700t、電線・その他用は同3.4%増の1万6000tとプラスを継続した。ただ、コロナ禍前の2019年との比較では、3用途ともに7月に続き前々年実績を割り込み、マイナス幅は7月よりも拡大している。

 8月の国内製品別生産出荷実績によると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 9月のインド向け輸出、1600ドル決着

,

2021年9月1日

4カ月ぶりに反転、コンテナ不足で玉確保の動き

 塩ビ樹脂(PVC)の9月分のアジア輸出価格は、インド向けが前月比140~150ドル高のCFR1590~1600ドル/t、中国・その他向けは同60ドル高の1270ドル/tで決着した。台湾大手メーカーは、インド向け同80ドル高の1410ドル/t(ボリュームディスカウントなし)、中国向け同60ドル高の1270ドル/t(同なし)で決着している。両地域ともこれまでと様相が一変し、4カ月ぶりに大きく反転する結果となった。

 PVCのアジア市場は、海外大手メーカーのトラブル解消により需給タイトが緩むとの見方が強まったことで、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂、6月国内出荷 全用途でコロナ前の水準上回る

, ,

2021年7月30日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)がこのほど発表した需給実績によると、6月の塩ビ樹脂(PVC)の国内出荷は前年同月比18.3%増の9万1300tと3カ月ぶりに9万t台を回復した。硬質用は同13.1%増の4万8200t、軟質用は同23.5%増の2万1200t、電線・その他は同26.1%増の2万1900tといずれもプラスを継続。国内出荷は4カ月連続の前年越えと堅調に推移する中、コロナ禍前の2019年6月との比較でも、硬質用は1.5%増、軟質用は1.9%増、電線・その他は5.3%増とすべての用途で前々年実績を上回っている。

 宮島正紀理事(信越化学工業常務執行役員)は7月の定例記者会見で、国内需要について

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について