塩ビ樹脂 7月のインド向け輸出、880ドルで決着

,

2020年6月26日

経済活動再開で需要回復、コロナ禍が懸念材料に

 塩ビ樹脂(PVC)の7月分のアジア輸出価格は、インド向けが前月比120ドル高のCFR880ドル/t、中国その他向けが同90ドル高の780ドル/tとどちらも大幅上昇で決着した。台湾大手メーカーも、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 6月のインド向け輸出は760ドル/tで決着

, ,

2020年6月4日

経済活動が徐々に再開、需要の本格回復は不透明

 塩ビ樹脂(PVC)の6月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR760ドル/t、中国その他向けが前月比60ドル高の690~700ドルで決着した。台湾大手メーカーも、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

VEC 2019年の塩ビ樹脂総出荷は3年連続で160万t突破

,

2020年1月23日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が22日に発表した需給実績によると、2019年(1-12月期)の塩ビ樹脂(PVC)の総出荷量は前年比5%増の169万7000tとなり、3年連続で160万tを上回る高水準で推移した。

 インドをはじめ新興国需要をベースとした輸出が2年ぶりに60万tを超え、同17%増の66万6000tと大きく伸長し、総出荷の増加をけん引した。

 一方、国内出荷は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 12月のインド向け輸出は10ドル安に

,

2019年11月28日

モンスーン長期化、域外品の流入で需給が緩む

塩ビ樹脂(PVC)の12月分のアジア輸出価格は、インド向けが前月比10ドル/t安のCFR910ドル/t、中国・その他向けも同10ドル/t安の820ドル/tで決着した。インド向けは2カ月連続で下落、中国向けも3カ月連続で下落しており、両国とも軟化傾向が続いている。

 台湾大手メーカーも、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 10月インド向け輸出価格は前月並みで決着

,

2019年10月3日

モンスーン期明けで需要増、インフラ向けも堅調

 塩ビ樹脂(PVC)の10月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR960ドル/tと前月並み、中国・その他向けは同20ドル安の860ドル/tで決着した。

 台湾大手メーカーも、インド向け同ステイの910ドル/t(ボリュームディスカウント10ドル)、中国向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 9月のインド向け輸出は前月比40ドル高

2019年8月29日

 塩ビ樹脂(PVC)の9月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR960ドル/tと前月比40ドル高で決着。中国・その他向けも同30ドル高の880ドル/tとなり、両国向けとも前月の落ち込みから一転し、大きく値を戻した。

 台湾大手メーカーも、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 8月インド向け輸出は前月比20ドル安

,

2019年8月5日

 塩ビ樹脂(PVC)の8月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR920ドル/tと前月から20ドル安で決着。中国・その他向けも前月から30ドル安の850ドル/tとなり、両方とも3カ月ぶりの下落となった。

 台湾大手メーカーも、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 4-6月期総出荷は9%増、輸出堅調が貢献

,

2019年7月18日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が17日に発表した需給実績によると、今年4-6月期の塩ビ樹脂(PVC)の総出荷量は前年同期比9%増の391800tとなり、昨年10-12月期から3期連続のプラスとなった。4-6月期の国内出荷は1%減の251400tで推移。

 用途別で見ると、硬質用は4%減の132800t、軟質用は3%減の6800t、電線・その他用は7%増の57800t。輸出は、34%増の14400tと大幅な増加となった。

 同日開催の定例会見で、横田浩会長(トクヤマ社長)は、「国内出荷は対前年同期比で、若干下振れしたが、ほぼ前年並みの仕上がりと捉えている。2017年との比較で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 7月のインド向け輸出は前月比50ドル高

2019年7月8日

 塩ビ樹脂(PVC)の7月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR940ドル/tで決着。前月から50ドル高と大幅な上昇となった。中国・その他向けも同880ドル/tと前月から40ドル高の一段高になっている。

 今回、輸出価格が上昇した要因として、南米メーカーのトラブルが挙げられる。これにより、アジアや欧米などの玉が南米市場に回り世界的に需給バランスがタイトとなった。

 台湾大手メーカーも、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について