塩ビ樹脂 6月インド向け輸出は前月比10ドル高

2019年6月6日

 塩ビ樹脂(PVC)の6月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR890ドル/tで決着。前月から10ドル高と3カ月ぶりの上昇となった。中国・その他向けも同840ドル/tと前月から20ドル高となり、4カ月ぶりに上昇に転じている。

 台湾大手メーカーも、インド向け “塩ビ樹脂 6月インド向け輸出は前月比10ドル高” の続きを読む

塩ビ樹脂 4月は国内・輸出ともに堅調、総出荷13%増

,

2019年5月23日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が22日発表した需給実績によると、4月の塩ビ樹脂(PVC)の総出荷量は前年同月比13%増の13万1200tとなった。

 国内出荷は1%増の8万2000tと前年並みに推移したが、輸出は42%増の4万9300tと大幅に伸長し、4月のPVCの総出荷は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 5月インド向け輸出は前月比30ドル安

,

2019年5月7日

 塩ビ樹脂(PVC)の5月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR880ドル/tで決着。前月から30ドル安と2カ月連続の下落で決着した。中国・その他向けも同820ドル/tと前月から20ドル安となり、3カ月連続で下落基調となっている。

 台湾大手メーカーも、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 4月のインド向け輸出は前月比50ドル安

,

2019年4月4日

 塩ビ樹脂(PVC)の4月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR910ドル/tと前月から50ドル安と大幅下落で決着した。中国・その他向けも同840ドル/tと前月から40ドル安となっている。

 台湾大手メーカーは、インド向け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 3月インド向け輸出価格は前月並で決着

2019年3月7日

 塩ビ樹脂(PVC)の3月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR960ドル/tと前月並みで決着。ただ、中国・その他向けは同880ドル/tと前月から20ドル安となった。

 台湾大手メーカーは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 2月のインド向け輸出価格は20ドル高

2019年2月4日

 塩ビ樹脂(PVC)の2月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR960ドル/t、中国・その他向けは910ドル/tと、それぞれ前月から20ドル高となり、3カ月連続の上昇で決着した。

 台湾大手メーカーも、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 1月のインド向け輸出価格は20ドル高

2019年1月9日

 塩ビ樹脂(PVC)の1月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR940~950ドル/t、中国・その他向けは880~890ドル/tとそれぞれ前月から20ドル高となり、2カ月連続の上昇で決着した。台湾大手メーカーも、インド向け30ドル高の940ドル/t(ボリュームディスカウント10ドル)、中国向け30ドル高の890ドル/t(ボリュームディスカウントなし)で決着している。

 新興国における通貨安の影響などが残るものの、インドをはじめとしたアジア地域の需要が堅調に推移していることもあり、輸出価格は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 12月のインド向け輸出は20ドル高に

,

2018年12月6日

 塩ビ樹脂(PVC)の12月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR920~930ドル/t、中国・その他向けは860~870ドル/t、とそれぞれ前月から20ドル高となり、4カ月ぶりの上昇で決着した。

 台湾大手メーカーも、インド向け同20ドル高の910ドル/t(ボリュームディスカウント十ドル)、中国向け同20ドル高の860ドル/t(同)で決着している。輸出価格は、新興国における通貨安の影響などを背景に、インドをはじめとしたアジア地域に域外玉が流入したため、前月まで3カ月連続で下落傾向にあった。ただ、需要期に入ったことで、底値感から需要家の買いが強まっているようだ。

 インドは、農業用パイプの需要が伸長していることに加え、インフラ用途も堅調に推移している。インド・ルピーの通貨安の影響が懸念されていたが、足元では反転傾向にあることも、輸入環境が改善する要因となった。中国では、カーバイド法が高値を維持し、設備は高稼働となるなど、PVC需要は堅調だ。

 米中貿易摩擦によりPVC製品の輸出減少が心配されているが、まだ目に見える影響は出ていないもよう。米国品についても、価格を押し下げるほどの量までは増加していないが、12月に年度末の在庫調整が始まれば、玉の流入が増える可能性がある。

 今後の輸出価格については、11月で底を打ったと見られることから、年明け1月以降も上昇基調となる見込み。ただ、世界情勢の不安定化が実体経済を冷やすとの指摘も出ているため、市場動向を注視する必要がある。

 一方、日本のPVC輸出については、10月は前年比23%増の6万1000t(VEC発表)と今年初めて6万tの大台となった。荷動きの調整により9月が4万5000tと少なかった反動で10月の輸出量が増加した。とはいえ1―10月期で見ると、前年同期比10%減で推移しているため、2018年(暦年)の輸出量は、56万~58万t程度(2017年は60万8000t)となりそうだ。

塩ビ樹脂 9月総出荷マイナスも今後の需要回復に期待

, , ,

2018年10月18日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が17日に発表した需給実績によると、9月の塩ビ樹脂(PVC)の総出荷量は前年同月比13%減の13万2000tとなった。

 国内出荷は2カ月連続マイナスで推移し

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 10月インド向け輸出は60ドル安で決着

, ,

2018年10月11日

 塩ビ樹脂(PVC)の10月分のアジア輸出価格は、インド向けがCFR950ドル/tで前月比60ドル安、中国・その他向けは870ドル/tで同90ドル安と前月から大幅に下落して決着した。

 アジア地域の需要は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について