ポリスチレン 2023年国内出荷前年比7%減

, , ,

2024年2月7日

全用途がマイナス、昨年11月から回復の兆しも

 日本スチレン工業会はこのほど、定例会見を開催し、ポリスチレン(PS)とスチレンモノマー(SM)の出荷実績について報告した。2023年(暦年)のPSの国内出荷は前年比7%減の55万5400tとなった。2022年は前年比約4万7000t減少していたが、2023年も同約4万3000t減少しており、2年間で9万t以上も減少している。

 顕谷一平会長(PSジャパン社長)は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 10月の国内出荷3%減、雑貨・産業用が回復

, , ,

2023年11月22日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した生産出荷実績によると、10月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比3%減の4万6400tとなり、17ヵ月連続でマイナスを継続した。ただ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 1-9月期の国内出荷10%減、全用途低調

, , , ,

2023年10月19日

物価高の影響が長期化、23年出荷は55万t

 日本スチレン工業会は17日、定例会見を開催し、ポリスチレン(PS)とスチレンモノマー(SM)の出荷実績について説明を行った。

 2023年1―9月期のPSの国内出荷は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 8月の国内出荷7%減、全用途がマイナス

, ,

2023年9月22日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した生産出荷実績によると、8月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比7%減の3万9900tとなった。15ヵ月連続でマイナスを継続し、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 7月の国内出荷8%減、包装用が振るわず

, ,

2023年9月1日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した生産出荷実績によると、7月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比8%減の4万6400tとなり、14ヵ月連続でマイナスを継続した。6月は前月比でプラスになるなど持ち直しの兆しも見られたが、物価高の影響もあり勢いが続かなかった。

 国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

PS 上期国内出荷11%減、全用途がマイナス

, , ,

2023年7月27日

物価高で食品包装向けが不振、下期の回復を期待

 日本スチレン工業会はこのほど、定例会見を開催した。

 6月に就任した顕谷一平会長(PSジャパン社長)が挨拶に立ち、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 4月国内出荷7%減、包装用途などが低調

, ,

2023年6月1日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した生産出荷実績によると、4月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比7%減の4万8500tとなった。昨年6月以降11ヵ月連続でマイナスを継続しており、再び5万t台を割り込んでいる。

 コロナ禍の収束により

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 1-3月期国内出荷、前年同期比11%減

, , , , , ,

2023年4月20日

 日本スチレン工業会はこのほど、定例会見を開催し、ポリスチレン(PS)とスチレンモノマー(SM)の出荷実績について説明を行った。2023年1―3月期のPSの国内出荷は前年同期比11%減の13万8800tとなり、昨年後半からの低調な流れを継続した。

 室園康博会長(PSジャパン社長)は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本スチレン工業会 2022年PS国内出荷7%減

, , ,

2023年1月26日

60万t割れは80年代以来、全用途がマイナス

 日本スチレン工業会はこのほど、定例会見を開催し、ポリスチレン(PS)とスチレンモノマー(SM)の出荷実績について説明を行った。2022年(暦年)のPSの国内出荷は前年比7%減の59万8400tとなった。

 国内出荷が60万tを下回るのは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ポリスチレン 11月の国内出荷15%減、包装用も不振

, , ,

2022年12月22日

 日本スチレン工業会がこのほど発表した生産出荷実績によると、11月のポリスチレン(PS)の国内出荷は、前年同月比15%減の4万7100tとなった。6ヵ月連続でマイナスとなり、2ヵ月連続で5万tを下回っている。例年、10―12月期は需要が盛り上がるが、今年はこれまで堅調だった包装用途も振るわず、物価上昇の影響が出てきていると見られる。

 国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について