日本触媒 中国でLiFSI製造会社に出資、展開を加速

, , , , ,

2022年9月13日

 日本触媒は12日、LIBの最大市場である中国において、LiFSI(リチウムビス〈フルオロスルホニル〉イミド)「イネオル」の事業拡大に向け、世界第2位のLIB用電解液メーカーであるCapchemの子会社「湖南福邦」へ豊田通商とともに資本参画すると発表した。

 湖南福邦は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本触媒 GPIF採用のESG投資インデックスに選定

, ,

2022年9月12日

 日本触媒はこのほど、「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定された。

 グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された同インデックスは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本触媒 人事(2022年10月1日)

2022年9月12日

[日本触媒・人事](10月1日)▽環境安全統括部長上野晃嗣▽姫路製造所環境安全部長兼環境安全統括部主席部員大森功典▽同製造所環境安全部主席部員西村武。

 

日本触媒の1Q 販価上昇とスプレッド拡大で増収増益

,

2022年8月5日

 日本触媒が4日に発表した2023年3月期第1四半期(4―6月期)の連結業績(IFRS)は、売上収益が前年同期比30%増の1115億円、営業利益は36%増の90億円、純利益は35%増の76億円と大幅な増収増益だった。

 売上収益は、販売数量の減少はあったが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本触媒 大阪本社オフィスを刷新、組織の変革の一環

, ,

2022年8月1日

 日本触媒はこのほど、長期ビジョンで掲げる3つの変革の1つ「組織の変革」の施策として、大阪本社を全面リニューアルしたと発表した。

大阪本社オフィス 執務エリア

 若手社員中心で構成されたプロジェクトを発足させ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【変革に挑む注目企業特集】日本触媒

, ,

2022年6月17日

代表取締役社長 五嶋祐治朗氏

独自技術で次世代製品群を創出、ソリューション提案力を強化

 日本触媒はこの春、新たな中期経営計画(2022~24年度)をスタートさせた。昨年策定した2030年を見据えた長期ビジョンに掲げる、事業・環境対応・組織への3つの変革を進めていく。なかでも事業の変革を最重要テーマと位置づけ、既存分野から

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本触媒 人事(2022年7月1日)

2022年6月15日

[日本触媒・人事](7月1日)▽解兼総務部長、総務人事本部長田畑敦士▽解兼姫路製造所生産管理センター長、DX推進本部長中川博貴▽サステナビリティ推進部長、経営企画部長鈴木篤▽総務部長酒井寛明▽IT統括部長鈴木聡▽同部主席部員、DX推進部長大田晋一▽姫路製造所生産管理センター長大門信也▽サステナビリティ推進部主席部員太田裕美。

日本触媒とアルケマ LIB用電解質の量産、合弁会社を検討

, , , , , ,

2022年6月1日

 日本触媒と仏・アルケマは31日、車載電池の主要原料である高純度LiFSI(リチウムビス〈フルオロスルホニル〉イミド)「イオネル」について、欧州に量産設備を建設するための事業化調査を開始し、合弁会社設立の検討を開始すると発表した。なお、合弁会社の出資比率や量産設備の投資額などは非公表としている。

 日本触媒が手掛ける「イオネル」は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について