《取材こぼれ話》東大・有馬純教授 温暖化対策は不可欠だが……

,

2019年1月9日

 出光興産の「第15回アポロエナジーミーティング」で、「エネルギー環境問題と石炭の位置付け」をテーマに基調講演を行った東京大学公共政策大学院の有馬純教授は、興味深い事実やデータを紹介した。

 まず、「脱石炭連合」について、参加国・州・市の石炭火力設備容量は、世界全体の

この記事全文を閲覧するにはログインが必要です。
日刊ケミカルニュースをご購読されている方は無料でWEB会員にご登録いただけます。