塩ビ樹脂 2022年総出荷150万t割れ、国内93万t

,

2023年1月30日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)がこのほど発表した需給実績によると、2022年暦年(1―12月期)の塩ビ樹脂(PVC)の総出荷量は前年比6.1%減の147万1000tと、2014年(137万8900t)以来、8年ぶりに150万tを割り込んだ。その内、国内出荷は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 MMAモノマー、12月の国内出荷は29%減少

, ,

2023年1月27日

 石油化学工業協会が26日に発表した12月のMMA(メタクリル酸メチル)の需給実績によると、モノマーの国内出荷は前年同月比29%減の8069tと、2ヵ月連続でマイナスとなった。

 ポリマーの国内出荷は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 11月の国内は16%減、輸入品は大幅増

,

2023年1月25日

 可塑剤工業会が発表した2022年11月の需給実績によると、11月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比16.1%減の1万6400tと11ヵ月連続のマイナスだった。主要品目では

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本プラスチック板協会 出荷量は比較的小幅な一進一退で推移

, , ,

2023年1月18日

 日本プラスチック板協会はこのほど、ポリカーボネート(PC)と硬質塩化ビニル(PVC)の平板・波板の11月の需給実績を発表した。

 それによると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本プラスチック板協会 硬質PVC平板は減少傾向に転じたか

, , ,

2022年12月12日

 日本プラスチック板協会はこのほど、ポリカーボネート(PC)と硬質塩化ビニル(PVC)の平板・波板の10月の需給実績を発表した。

 それによると、10月の生産は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 10月国内大幅減、事業環境厳しさ増す

, ,

2022年12月9日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、10月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比21.2%減の1万5000tと10ヵ月連続のマイナスだった。主要品目ではDOPが同14.6%減の6800tと6ヵ月連続の減少、DINPは同28.5%減の6900tと1月以降の前年割れを継続した。

 一方、財務省の貿易統計から

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 10月の国内出荷は8%減、輸出は15%減

, ,

2022年12月7日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が発表した需給実績によると、10月の塩ビ樹脂(PVC)の国内出荷は前年同月比7.5%減の8万 tと6ヵ月連続のマイナスだった。硬質用は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

石化協 MMAモノマー、10月の国内出荷は24%増に

, ,

2022年11月21日

 石油化学工業協会が17日に発表した10月のMMA(メタクリル酸メチル)の需給実績によると、モノマーの国内出荷は前年同月比24%増の1万3700tとなった。3ヵ月ぶりのプラスとなり、1万t台を回復している。

 ポリマーの国内出荷は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

塩ビ樹脂 9月の国内出荷は10%減、1-9月期は5%減

, ,

2022年10月26日

 塩ビ工業・環境協会(VEC)が発表した需給実績によると、9月の塩ビ樹脂(PVC)の国内出荷は前年同月比9.8%減の7万6400tと5ヵ月連続のマイナスだった。硬質用は同13.9%減の3万8900t、軟質用は同6.5%減の1万8900t、電線・その他用は同3.7%減の1万8600tといずれもマイナスで推移した。

 詳細を製品別生産出荷実績で見ても、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 8月の国内は2桁減継続、生産は回復

,

2022年10月6日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、8月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比17.9%減の1万2000tと8ヵ月連続のマイナスだった。主要品目ではDOPが同10.2%減の5400tと4ヵ月連続の減少、DINPは同25.6%減の5600tと1月以降の前年割れを継続した。

 一方、財務省の貿易統計から輸入品の動きを追うと、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について