JSR 人事(31日)

2022年1月20日

[JSR・人事](31日)▽退任(プロフェッショナル)、JSR North America Holdings,Inc.取締役副社長小林英一(2月1日)▽退任(四日市研究センター精密電子研究所プロセス材料開発室長)山中達也▽同センター同研究所同開発室長馬場淳。

JSR 人事(2月1日)

2022年1月14日

[JSR・人事](2月1日)▽サステナビリティ推進副担当、法務副担当、コンプライアンス副担当、コンプライアンス部長立花市子。

 

《化学企業トップ年頭所感》JSR エリック・ジョンソンCEO

, ,

2022年1月7日

 世界では予想以上に大きな変化が起こっている。昨年を振り返ると、日本では政権が変わり、米中間での先端技術の覇権争いはさらに深刻化し、人権への関心が世界的に高まり、地球温暖化については待ったなしの世界共通の課題として再認識された。

 新型コロナウイルスの世界的大流行が始まって以来、ワクチンや治療法の開発、製造、供給において、医療の世界は驚くほどの進歩を遂げた。しかし、私たちが勝利を宣言するまでにはまだ長い道のりがあると思われる。引き続きお互いを守り、ビジネスを守るために警戒を怠らないようにする必要がある。

 JSRグループは、昨年5月に祖業であるエラストマー事業の持続的な発展を期してENEOSへの事業譲渡を発表し、同時に半導体材料を中心としたデジタルソリューション事業とライフサイエンス事業をコア事業に位置づけ、確実に進化し続けることを公約した。顧客や地域社会と良い関係を築きながら、グループ社員が手を取り合って進んで行く所存だ。

 テクノロジーカンパニーとしてイノベーションを通じて最先端技術を提供することが我々のビジネスの本質であり、引き続き新しい分野を開拓するための幅広い研究プロジェクトに関わっていく。様々な新技術が人々の生活に影響を与え、多くのビジネスが再構築されることになるが、こうした変化の最前線に立ち続けていきたい。

 気候危機や社会変動が世界共通の課題となり、経営的な価値観においても全てのステークホルダーへ価値を提供することがより強く求められている。

 JSRグループは、こうした変化を脅威ではなく機会として捉え、企業の社会的価値を最大化させ、そうした価値をすべての事業活動に組み込んでいきたいと考えている。

JSR 人事(2022年1月1日)

2021年12月23日

[JSR・人事](2022年1月1日)▽物流統括部長原料機材調達第一部長鎗田智▽解兼物流統括部長長坂宏一▽筑波事業所長、筑波研究所長兼JSR・慶應義塾大学医学化学イノベーションセンター副センター長宮本秀俊。

JSR 組織改正(2022年1月1日)

2021年12月23日

 [JSR/組織改正](2022年1月1日)▽筑波事業所を新設し、筑波研究所安全技術室の機能と組織、および同事務チームの機能と組織の一部を移管する。

JSR 人事(12月1日)

2021年11月29日

[JSR・人事](12月1日)▽JSR・慶應義塾大学医学化学イノベーションセンター副センタ―長、筑波研究所長宮本秀俊▽解兼電子材料事業部長付、プロフェッショナル、JSR Electronic Materials Singapore Pte.Ltd.社長野口裕美。

JSRの4-9月期 半導体材料が好調で増収増益に

, ,

2021年11月9日

 JSRは8日、2022年3月期第2四半期(4-9月期)連結業績を発表した。売上収益は前年同期比21%増の1682億円、コア営業利益39%増の231億円、営業利益61%増の229億円、純利益175億円(同182億円増)となった。

 同日開催されたオンライン決算会見の中で、宮崎秀樹取締役常務執行役員は、「デジタルソリューション事業は、半導体材料の収益が大幅に拡大し、ディスプレイ材料も好調だった。ライフサイエンスは当初計画通りに推移し、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

JSR ポリマー型抗菌成分、糸・不織布で性能を確認

, , , ,

2021年11月8日

ポリマー型抗菌成分添加の糸と不織布

 JSRは5日、国立感染症研究所と共同開発した薬剤耐性菌に効果を発現するポリマー型抗菌成分を、糸および不織布に添加し抗菌性能を確認したと発表した。

 作製した糸および不織布は、黄色ブドウ球菌と大腸菌を99.9%以上低減。さらに糸では新型コロナウイルスとネココロナウイルスに対して99%以上のウイルスの数を低減させる効果が認められた。

 ポリマー型抗菌成分は、高い耐熱性と両親媒性による樹脂との良好な相溶性がある。そのため、既存の加工プロセスを用いて、ポリプロピレン(PP)のマルチフィラメントによる紡糸、メルトブローン法による不織布、溶融押出法によるフィルムの作製が可能。

 また、既存の汎用プラスチック(PP、ABS樹脂、ブタジエンゴム、アクリル樹脂、ポリウレタン、3Dプリンター用樹脂)を製造する際に使用する添加剤として活用することもできるため、医療現場における院内感染抑制や在宅医療や介護現場での衛生状態の向上に貢献することが期待される。

 同社は今後、ポリマー型抗菌成分が含まれる汎用プラスチックのSIAA「抗菌マーク」の取得に向けた申請を予定している。

JSR 「東京大学稷門賞」を受賞、支援活動を評価

, , ,

2021年10月28日

 JSRはこのほど、東京大学より令和3年度の「東京大学稷門(しょくもん)賞」を受賞したと発表した。同賞は、東大の活動の発展に大きく貢献した個人、法人または団体に対し贈呈されている。同社がこれまで行ってきた研究教育支援・学生の経済的支援などの活動が評価され、受賞に至った。

 なお「稷門」とは中国戦国時代の斉の首都の城門のこと。斉の宣王が学者を厚遇したことにより、斉の都に天下の賢者が集まり、学問が栄えたという故事が同賞の由来になっている。

 JSRは、昨年4月より、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻との包括連携を開始。その取り組みを通じ、様々な分野で連携するとともに、最先端フィジックスとケミストリーの融合によるサイエンスの深耕で、同社の企業理念にもあるマテリアルズ・イノベーションを起こし、新たな学理の探求と社会実装に向けた成果を目指している。

 また、包括連携の開始に合わせて、優れた人材の育成を支援するために博士課程学生を対象とした給付型フェローシップも設立。JSRフェローシップが、博士課程の学生に、安心して研究できる環境を提供し、また、将来に対する意欲向上につながることを期待している。

 同社は、今後もこのような取り組みを通して産学協創を推進し、オープンイノベーションや社会貢献に注力していく。