KHネオケムの12月期 数量増も価格差で増収減益

, ,

2024年2月7日

 KHネオケムは6日、2023年12月期の連結業績を発表した。売上高は前年比微増の1152億円、営業利益20%減の99億円、経常利益24%減の97億円、純利益15%減の68億円、EBITDA13%減の146億円となった。

 決算説明会で髙橋理夫社長は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

KHネオケム 役員人事(2024年3月26日)

,

2024年2月1日

[KHネオケム・役員人事](3月26日)▽取締役監査等委員高橋功▽取締役監査等委員(社外)河合和宏▽同田村恵子▽退任(取締役)松岡俊博▽同磯貝幸宏▽同(監査役)大戸德男▽専務執行役員松岡俊博▽執行役員生産技術部長緒方利明▽同役員経営企画部長藤間敏明。

 

 

KHネオケム 組織改正(2024年3月26日)

2024年1月31日

[KHネオケム/組織改正](3月26日)▽ステークホルダーへの情報発信機能を一元化し、情報の開示・ステークホルダーとの対話活動などの充実を図るため、これまで経理財務部、経営管理部に分散していたIRと広報の機能を統合し、新たに「広報・IR部」を新設する。

KHネオケム 化学製品値上げ、メンテナンス費用が上昇

,

2023年12月8日

 KHネオケムは7日、各種化学製品について、2024年1月5日納入分から値上げすると発表した。

 対象製品は、「オクタノール」、「オキソコール900」、「ブタノール」、「イソブタノール」、「ノナノール」、「デカノール」、「トリデカノール」、「オクチル酸」、「キョーワノイック‐N(イソノナン酸)」、「ブチルアルデヒド」、「イソブチルアルデヒド」で、改定幅は「15円/kg」。

 生産設備の高経年化が進む中で、資材価格の高騰や人手不足により、プラントのメンテナンス費用が上昇している。同社は、コスト上昇を自助努力で吸収することは困難なことから、国内安定供給を維持・確保するために、価格改定が必要と判断した。なお、その他の販売品も価格改定の実施を予定している。

KHネオケムの1―9月期 冷凍機油好調も通期下方修正

2023年11月7日

 KHネオケムは2日、2023年12月期第3四半期(1―9月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比3%増の855億円、営業利益25%減の69億円、経常利益28%減の68億円、純利益17%減の47億円の、増収減益となった。

 同日の決算説明会で、濵本真矢取締役常務執行役員は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

KHネオケム グリコールエーテルを値上げ、来月から

,

2023年10月20日

 KHネオケムは19日、原燃料価格と製品市況の上昇を理由に、グリコールエーテル4製品を11月1日納入分から値上げすると発表した。

 対象製品は、エチレングリコールモノブチルエーテルの「ブチセル」、ジエチレングリコールモノブチルエーテルの「ブチセノール20」「ブチセノール20‐P」「ブチセノール20‐S」。改定幅はいずれも「30円/kg以上」。各製品の安定した供給体制を維持していくため、価格改定せざるを得ないと判断した。