KHネオケム 化学製品を値上げ、海外市況高騰に対応

,

2021年9月27日

 KHネオケムはこのほど、オキソ系およびブチセル系の化学製品を10月1日納入分から値上げすると発表した。

 対象製品と改定幅は、オキソ系の「オクタノール」「オキソコール900」「ブタノール」「イソブタノール」「デカノール」「オクチル酸」「キョーワノイック-N(イソノナン酸)」「ブチルアルデヒド」「イソブチルアルデヒド」が「40円/kg以上」、ブチセル系の「ブチセル」「ブチセノール20」「ブチセノール20-P」「ブチセノール20-S」が「30円/kg以上」となっている。

 オキソ系製品は海外メーカーのトラブルによる需給ひっ迫、ブチセル系製品は原燃料価格の上昇により、それぞれ海外市況が上昇している。こうした中、同社は、製品の安定した供給体制を維持・確保するため、今回、値上げせざるを得ないと判断した。

KHネオケム 酢酸ブチルを値上げ、安定供給を維持

,

2021年9月3日

 KHネオケムは2日、酢酸ブチルの各製品について今月21日納入分から値上げすると発表した。対象製品は「酢酸ブチル」「酢酸ブチル-P」「酢酸ブチル-S」で、改定幅はいずれも「30円/kg以上」となっている。

 原油価格の上昇に加え、製品の海外市況も高騰している。同社は、製品の安定した供給体制を維持・確保するため、値上げせざるを得ないと判断した。

KHネオケムの1-6月期 最高益を更新、通期も修正

, ,

2021年8月11日

 KHネオケムは5日、2021年12月期第2四半期(1-6月期)の決算説明会を行った。連結業績は、売上高は前年同期比41%増の524億円、営業利益同3.3倍の78億円、経常利益同3.3倍の81億円、純利益同3.3倍の56億円となり、半期ベースでは、全ての利益項目で過去最高益となった。

 電話会議の中で髙橋理夫社長は「コロナ禍においても中長期視点の戦略投資の継続とコスト構造の見直しを進めた。上期の需要回復局面でシェアアップと製品価値に見合った価格への見直しで、収益力を大幅に向上できた」と総括した。

 セグメント別に見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

KHネオケム 化学品を値上げ、ナフサ上昇に対応

,

2021年7月27日

 KHネオケムは26日、各種化学品について、8月1日納入分から値上げすると発表した。

 対象製品と改定幅は、オキソ系(オクタノール、オキソコール900、ノナノール、ブタノール、イソブタノール、酢酸イソブチル、オクチル酸、キョーワノイック-N(イソノナン酸)、ブチルアルデヒド、イソブチルアルデヒド、キョーワゾールC-800、キョーワゾールC600M、キョーワノール‐M、トリデカノール)が「20円/kg以上」、

 アセトン系(アセトン、アセトン-P)が「16円/kg以上」、

 ダイアセトンアルコール(DAA)およびメチルイソブチルケトン(MIBK)が「21円/kg以上」、

 ブチセルアセテート系(ブチセルアセテート、ブチセルノール20アセテート)が「76円/kg以上」、

 ジオール(オクタンジオール、ブチルエチルプロパンジオール〈BEPG〉、キョーワジオールPD-9)が「20%以上」となっている。

 なお、これら以外の少量販売品目も個別に値上げを実施する予定だ。第3四半期(7-9月期)の国産ナフサ価格は5万5000円水準が見込まれている。同社は、現在の急激な原燃料価格の上昇を自助努力で吸収するのは限界を超えており、国内安定供給を維持・確保するためにも、値上げが必要と判断した。

KHネオケム SOMPOのESG投資構成銘柄に選定

, ,

2021年7月12日

 KHネオケムはこのほど、「SOMPO サステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に選定されたと発表した。

SOMPOサステナビリティ・インデックス

「SOMPOサステナビリティ・インデックス」は、SOMPOアセットマネジメントが運用するESG(環境、社会、ガバナンス)に優れた約300社から構成される独自のアクティブ・インデックス。バイ・アンド・ホールドによる長期投資を指向する運用プロダクト「サステナブル運用」に活用され、現在、複数の年金基金・機関投資家に採用されている。

 銘柄選定に重視されるESG評価は、リスクマネジメント分野で実績や知見をもったSOMPOリスクマネジメントより毎年見直しが行われている。同社は、ESGに関する取り組みが評価され、3年連続三回目の選定となった。

KHネオケム 酢酸エチルを値上げ、安定供給体制を維持

,

2021年6月17日

 KHネオケムは16日、酢酸エチルについて6月21日納入分から値上げすると発表した。改定幅は、「酢酸エチル-N」「酢酸エチル-T」とも、「15円/kg以上」となっている。

 原油・ナフサ価格の上昇を背景に原料価格が上昇し、また当該製品の海外市況も高騰している。同社は、安定供給を維持・確保するため今回、値上げせざるを得ないと判断した。

KHネオケムの1-3月期 増収増益で業績予想上方修正

,

2021年5月17日

 KHネオケムは11日、2021年12月期第1四半期(1-3月期)の連結業績の電話会見を行った。売上高は前年同期比13%増の239億円、営業利益56%増の32億円、経常利益61%増の33億円、純利益64%増の23億円となった。濵本真矢取締役常務執行役員は「需要回復と増加に伴う販売数量の伸長と、基礎化学品の海外市況高騰による価格上昇が大きく寄与した」と総括した。

 セグメント別に見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について