デンカ ABS樹脂、透明樹脂などキロ20円以上値上げ

, , , ,

2024年5月21日

 デンカは20日、「ABS樹脂」、「デンカIP」(耐熱付与材)、「透明樹脂」、「クリアレン」(SBC樹脂)について6月17日納入分より「20円/kg以上」値上げすると発表した。

 対象製品は「デンカAS」「デンカABS」「デンカ耐薬ABS(SRシリーズ)」「デンカABSコンパウンド(ガラス繊維強化、摺動、PCアロイなど)」「デンカ耐熱ABS(マレッカ)」「デンカIP」「デンカ透明ABS(TE、CL)」「デンカ透明樹脂(TP、TH、TX各シリーズ)」「クリアレン」。

 国産ナフサ価格と各種原材料価格は上昇を続け、ユーティリティコストと物流費についてもコストアップとなる中、継続してコスト削減に取り組むものの、製品の安定供給と事業の維持継続のために価格改定せざるを得ないと判断した。

ABS樹脂 11月総出荷3%減、国内用はプラスを継続

, ,

2023年12月20日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、11月の総出荷量は前年同月比3%減の2万3900tとなり、再びマイナスに転じた。ただ、国内用は、車輛用や雑貨、その他が好調さを継続したこともあり、二ヵ月連続でプラスとなっている。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABS樹脂 10月総出荷3%増、3ヵ月ぶりのプラスに

, ,

2023年11月15日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、10月の総出荷量は前年同月比3%増の2万4100tとなり、3ヵ月ぶりのプラスとなった。主力の車輛用が好調さを維持しているのに加え、一般機器、雑貨、その他などもプラスに転じている。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABS樹脂 6月の総出荷2%増、1年10ヵ月ぶりにプラス

, ,

2023年7月13日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、6月の総出荷量は前年同月比2%増の2万3300tとなり、2021年8月以来1年10ヵ月ぶりにプラスに転じた。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABS樹脂 5月の総出荷6%減、21ヵ月連続で減少

,

2023年6月16日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、5月の総出荷量は前年同月比6%減の1万9700tとなり、21ヵ月連続でマイナスとなった。前月比でも13%減と4ヵ月ぶりに2万t台を下回っており、依然として需要に力強さが見られていない。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABS樹脂 4月の総出荷6%減、20ヵ月連続で減少

, ,

2023年5月31日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、4月の総出荷量は前年同月比6%減の2万2500tとなり、20ヵ月連続でマイナスとなった。前月比でも5%減と3ヵ月ぶりのマイナスとなっており、依然として低迷した状況が続く。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABS樹脂 3月の総出荷17%減、19ヵ月連続で減少

, ,

2023年5月8日

 日本ABS樹脂工業会がこのほど発表した出荷実績によると、3月の総出荷量は前年同月比17%減の2万3700tとなり、19ヵ月連続でマイナスとなった。ただ、前月比では9%増と2ヵ月連続でプラスとなっている。

 用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

デンカ ABS樹脂、デンカIP、クリアレンなど値上げ

, , , ,

2023年4月11日

 デンカは10日、「ABS樹脂」、「デンカIP」、「透明樹脂」、「クリアレン」について、5月1日納入分から値上げすると発表した。

 対象製品は「デンカAS」「デンカABS」「デンカ耐薬ABS(SRシリーズ)」「デンカABSコンパウンド(ガラス繊維強化、摺動、PCアロイなど)」「デンカ耐熱ABS(マレッカ)」「デンカIP」「デンカ透明ABS(TE、CL)」「デンカ透明樹脂(TP、TH、TX各シリーズ)」「クリアレン」で、改定幅は「30円/kg以上」。

 電力価格の高騰を受け、製品の製造に必要なユーティリティコストが上昇している。また、副資材価格および物流費も上昇している。同社は継続してコスト削減に取り組んでいるが、製品の安定供給と事業の維持継続のためには、価格改定せざるを得ない状況と判断した。