三井化学の4-12月期 減益も成長領域は利益拡大

, ,

2023年2月6日

 三井化学が10日に発表した2023年3月期第3四半期(4-12月期)の連結業績(IFRS)は、売上収益が前年同期比23%増の1兆4289億円、コア営業利益は同18%減の1103億円、純利益は同37%減の649億円と、増収減益だった。

中島取締役専務執行役員CFO=2月3日、オンライン

 同日に開催したオンライン会見の中で、中島一取締役専務執行役員CFOは、減益要因について

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

東洋紡 組織改正①(2023年4月1日)

,

2023年2月6日

[東洋紡/組織改正①](4月1日)▽「環境・機能材本部」関係(1)「環境・機能材本部」を新設する(2)「環境・機能材管理部」を新設する▽「新社設立準備室」関係・「新社設立準備室」を廃止する▽「モビリティソリューション本部」「生活・環境ソリューション本部」関係(1)「モビリティソリューション本部」「生活・環境ソリューション本部」は、新設する「機能繊維・商事本部」および 「環境・機能材本部」へそれぞれ移管する(2)「モビリティソリューション本部」内の「モビリティ管理部」、「生活・環境ソリューション本部」内の「生活・環境管理部」は、「機能繊維・商事本部」の「機能繊維・商事管理部」および「環境・機能材本部」へそれぞれ移管する▽「モビリティソリューション本部」内の「エアバッグ事業総括部」は、「機能繊維・商事本部」へ移管する(4)「生活・環境ソリューション本部」内の「機能繊維事業総括部」は、「機能繊維・商事本部」へ移管する(5)「モビリティソリューション本部」内の「モビリティマーケティング戦略部」「エンプラ事業総括部」は、「環境・ 機能材本部」へ移管する(6)「生活・環境ソリューション本部」内の「生活・環境マーケティング戦略部」「環境ソリューション事業総括部」「不織布マテリアル事業総括部」「高機能ファイバー事業総括部」は、「環境・機能材本部」へ移管する(7)「生活・環境ソリューション本部」内の「生活・環境生産技術部」は、「機能繊維事業総括部」および「環境・機能材本部」へ移管する。「敦賀機能材工場」は、「機能繊維・商事本部」の「エアバッグ事業総括部」および「環境・機能材本部」へ移管する。「岩国機能材工場」は、「環境・機能材本部」へ移管する。「富山事業所」は、「機能繊維事業総括部」へ移管する(8)「生活・環境ソリューション本部」内の「東洋紡STC株式会社」「日本エクスラン工業株式会社」「東洋紡せんい株式会社」は「機能繊維・商事本部」へ移管し、「呉羽テック株式会社」「株式会社ユウホウ」は「環境・機能材本部」へ移管する。

 

理化学研究所 CO2を利用したアルケニルエステルの合成に成功

, , ,

2023年2月6日

 理化学研究所(理研)はこのほど、アルケン類のホウ素化反応とカルボキシル化反応を進行させるタンデム型銅触媒を開発し、CO2によるアルケニルC‐H結合のカルボキシル化に成功した。

 空気中のCO2は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

OPPフィルム 2022年国内出荷、前年比3%減に

, ,

2023年2月6日

 日本ポリプロピレンフィルム工業会がこのほど発表した需給実績によると、2022年(暦年)の国内出荷は、OPP(延伸ポリプロピレン)フィルムは前年比2.6%減の21万6400tとなった。昨年6月以降から前年実績を下回っており、内需が力強さを欠いている。

 国内出荷を用途別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

UBEの4-12月期 ナイロンチェーンの下振れで減益

,

2023年2月6日

 UBEは3日、2023年3月期第3四半期(4-12月期)連結業績を発表した。売上高は前年同期比23%減の3684億円、営業利益61%減の130億円、経常損失33億円(同339億円減)、純損失12億(同193億円減)となった。

 同日開催の電話会見の中で、藤井正幸取締役常務執行役員CFOは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

東ソーの4-12月期 増収減益でクロアリは赤字転落

,

2023年2月6日

 東ソーは3日、2023年3月期第3四半期(4-12月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比19%増の7946億円、営業利益45%減の589億円、経常利益37%減の723億円、純利益40%減の463億円と増収減益だった。

 電話会見で米澤啓取締役常務執行役員は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカル メディカゴ社の事業撤退、ワクチン商用化断念

, , , ,

2023年2月6日

 三菱ケミカルグループは3日、グループ会社である田辺三菱製薬の100%連結子会社メディカゴ社(カナダ・ケベック市)について、新型コロナウイルス感染症の予防を適応として開発を進めていたVLPワクチン「COVIFENZ」など全事業から撤退すると発表した。

 メディカゴ社は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について