ランクセス 難燃耐トラッキング性PA6が充電器に採用

, , ,

2022年9月27日

 ランクセスはこのほど、ハロゲンフリーで難燃性のポリアミド6(PA6)コンパウンドが壁付け電源ボックス向け充電ケーブルコネクタに採用されたと発表した。

 自動車・産業・太陽光発電向け電気システムや

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コベルコ科研 高温融体の熱伝導率の短時間測定を実用化

, , , ,

2022年9月27日

 コベルコ科研はこのほど、産業技術総合研究所(産総研)と共同で「ホットディスク法(H/D法)による高温で液体になったアルミニウム(溶融Al)の熱伝導率評価技術の開発および実用化」に取り組み、従来困難であった溶融Alの熱伝導率の測定サービスを開始した。

高温融体測定用センサーの外観

 近年注目される、情報科学技術を

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ガス化学など 新潟県のCO2貯留可能性を調査開始

, , , , ,

2022年9月27日

 三菱ガス化学(MGC)とINPEX、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)はこのほど、新潟県の北蒲原地域でのCO2地下貯留ポテンシャルを評価する共同研究を開始した。

 3者共同で、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

出光興産 豪州石炭採掘跡地、水力発電の事業化検証を開始

, , ,

2022年9月27日

 出光興産はこのほど、権益を所有する豪州のマッセルブルック石炭鉱山の採掘跡地を利用した揚水発電プロジェクトの事業化へ向けた詳細検証を開始すると発表した。

 今回の事業化検証は、 “出光興産 豪州石炭採掘跡地、水力発電の事業化検証を開始” の続きを読む

アジア石化市況 エチレン減産も下落基調を継続

2022年9月27日

ベンゼンは調整局面、キシレンは定修要因で上昇

 アジア地域の8月第2週の石化市況では、エチレンは前週比30ドル安の820ドル/tでの取引となった。中国の景気低迷を背景に誘導品メーカーが低稼働を強いられていることもあり、エチレンの需給バランスが改善しないことが背景。ナフサとのスプレッドも

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

トクヤマ カーボンネガティブコンクリートの開発に参画

, , ,

2022年9月27日

 トクヤマはこのほど、参画を予定しているカーボンネガティブコンクリートの開発を目指すコンソーシアム(民間企業44社、10大学、1研究機関)について、デンカとの共同実施契約に合意し、本格的に活動を開始すると発表した。

 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)のグリーンイノベーション基金事業に「CO2を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」が採択され、実施予定先である鹿島建設、デンカ、竹中工務店を中心にコンソーシアムが結成されている。

 コンソーシアムでは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

UBEと参天製薬 眼圧下降の点眼薬、FDA承認を取得

, , , , ,

2022年9月27日

 UBEと参天製薬は26日、開放隅角緑内障・高眼圧症を対象とした眼圧下降を目的とする点眼薬として、「OMLONTI」(オミデネパグ イソプロピル点眼液0.002%)が、米国食品医薬品局(FDA)から承認されたと発表した。

 「OMLONTI」は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

KHネオケム 各種化学品を値上げ、コスト上昇に対応

,

2022年9月27日

 KHネオケムは26日、各種化学品について、10月1日納入分から値上げすると発表した。

 対象製品と改定幅は、ブタノール、イソブタノール、オクタノール、オキソコール900、ノナノール、デカノール、トリデカノール、ブチルアルデヒド、イソブチルアルデヒド、酢酸ブチル(‐P、‐S)、酢酸イソブチル、キョーワノールM、アセトン(‐P)、メチルイソブチルケトン(MIBK)、ジイソブチルケトン(DIBK)、ダイアセトンアルコール、ブチセル、ブチセノール20(‐P、‐S)、ブチセノール30、PM(‐P)、PMA(‐P)、オクチル酸、キョーワノイック‐N(イソノナン酸)、キョーワゾールC‐800、キョーワゾールC‐900が「15円/kg以上(荷姿品25円/kg以上)」、1,3ブチレングリコール(‐P)、ブチセルアセテート、ブチセノール20アセテートが「35円/kg以上(荷姿品45円/kg以上)」、オクタンジオール、ブチルエチルプロパンジオール(BEPG)、キョーワジオールPD‐9、メチルアミルケトン(MAK、MAK‐S)が「80円/kg以上(荷姿品90円/kg以上)」、ダイアセトンアクリルアマイド(DAAM)が「100円/kg以上」となっている。

 なお、これら以外の少量販売品目も個別に値上げを実施する予定。昨今のエネルギー価格急騰に伴い、生産にかかる電気・蒸気などの用役費に加え、鋼材価格や物流保管費などが上昇している。同社は、こうした急激な原燃料価格の上昇を自助努力で吸収するのは限界を超えていることから、国内安定供給を維持・確保するために、価格改定が必要と判断した。

 

JSR 組織改正(2022年10月1日)

2022年9月27日

[JSR/組織改正](10月1日)▽構造改革推進部を経営企画部に統合する。これに伴い、構造改革推進部を廃止する▽業務プロセス刷新推進室をシステム戦略部に統合し、業務プロセス刷新推進室は廃止する▽四日市研究センター精密電子研究所リソグラフィー材料開発室を分割し、同アドバンスリソグラフィー材料開発室を設置する。同アドバンスリソグラフィー材料開発室には、同リソグラフィー材料開発室の先端フォトレジスト材料開発の機能と組織を移管する。