ダイセルの4-12月期 需要低下とコスト高で増収減益

,

2023年2月3日

 ダイセルは2日、2023年3月期第3四半期(4-12月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比18%増の4045億円、営業利益7%減の366億円、経常利益8%減の398億円、純利益26%増の295億円となった。販売価格是正や為替影響などで増収したが、自動車減産や電子デバイス需要の低下、原燃料・物流コスト上昇の影響で、営業利益は減益。前年同期にメディカル・ヘルスケア事業の減損損失を計上した関係で、純利益は増益となった。

 セグメント別では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

住友化学の4-12月期 環境悪化で減益、通期純利益ゼロに

,

2023年2月2日

 住友化学は1日、2023年3月期第3四半期(4―12月期)の連結業績(IFRS)を発表した。売上収益は前年同期比11%増の2兆2570億円、コア営業利益31%減の1422億円、営業利益64%減の714億円、純利益55%減の603億円の増収減益となった。

 セグメント別に見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

日本ゼオンの4-12月期 増収減益で通期は下方修正

, ,

2023年2月1日

 日本ゼオンは31日、2023年3月期第3四半期(4-12月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比10%増の2942億円、営業利益24%減の278億円、経常利益21%減の311億円、純利益33%減の183億円の増収減益だった。

 オンライン会見で、曽根芳之取締役常務執行役員は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について