ウレタンMDI 中国ロックダウン影響で市況下落

,

2022年6月21日

景気悪化で需要が減少、足元では下げ止まり感も

 ウレタン原料であるMDI(ジフェニルメタンジイソシアネート)は、4月以降、アジア市況が下落基調を継続している。6月初旬のスポット市況はモノメリックが2525ドル、ポリメリックが2125ドルとなり、2月下旬からモノメリックで350ドル程度、ポリメリックで550ドル程度も下落した。ただ、中国景気が持ち直してきたこともあり、足元では下げ止まり感も出ているようだ。

 MDI市況は昨年、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ウレタンMDI 中国スポット市況は底堅く推移

2020年4月1日

 需要低迷も、大手メーカーの稼働調整が下支えに

 ウレタン原料であるMDI(ジフェニルメタンジイソシアネート)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける中、直近の中国スポット市況は底堅く推移している。足元の市況を1月と比較してみると、モノメリックは1800ドル/t程度とほぼ横バイ、ポリメリックは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ウレタンMDI 中国スポット市況は底堅さを維持

2019年9月30日

中国メーカーが生産調整、追加関税が懸念材料に

 ウレタン原料であるMDI(ジフェニルメタンジイソシアネート)は、事業環境が良くない中、中国スポット市況は一定の水準を維持。足元ではモノメリックは2000ドル/t台、ポリメリックは1400ドル/t台で取引されている。

 3月からの比較では、モノメリックは400ドル安、ポリメリックは100ドル安と弱含んでいるが、「中国メーカーが生産を調整して

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ウレタンMDI 中国のスポット市況は上昇の兆し

2019年3月22日

 ウレタン原料であるMDI(ジフェニルメタンジイソシアネート)は、春の需要期入りを前に中国スポット市況がようやく上昇傾向にある。足元では、モノメリックは2400ドル/t程度、ポリメリックは1500ドル/t程度で取引されているもようだ。

 昨年12月の底値からは、モノメリックはステイ、ポリメリックは200ドル/t程度の上昇だが、原料ベンゼンとのスプレッドは拡大している。

 ベンゼンACPは、昨年4Q(10-12月期)に比べ1Q(1-3月期)は200ドル/t程度下落。そのため、ポリメリックとのスプレッドは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ウレタンMDI 中国スポット市況は軟化傾向

,

2018年12月27日

 ウレタン原料であるMDI(ジフェニルメタンジイソシアネート)は、秋以降、下落基調を強めていたが、12月に入りようやく下げ幅が縮小している模様だ。

 足元では、ポリメリックは1300ドル/t程度、モノメリックは2400ドル/t程度の取引となっており、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について