クラリアント 豪州グリーンアンモニアPJに触媒が採用

, , , ,

2022年4月25日

 クラリアントはこのほど、革新的なアンモニア合成触媒「AmoMax‐Casale」が、豪州の画期的な大規模グリーンアンモニアプロジェクトに採用されたと発表した。

 このプロジェクトは、豪州の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

クラリアント オマーンのアンモニアプロジェクトに採用

, , ,

2022年3月3日

 クラリアントはこのほど、オマーン国ドゥクムの総額35億ドル規模のグリーンアンモニア・グリーン水素製造プロジェクトを支援すると発表した。

 オマーンドゥクム経済特区開発公社が建設中の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

クラリアント 新型アンモニア合成触媒がBASFで採用

, , , , ,

2021年12月13日

 クラリアントは、新しいアンモニア合成触媒「AmoMax 10 Plus」が、ベルギー・アントワープのBASFのアンモニア工場に採用されたと発表した。

 業界で実績のある「AmoMax 10」をベースに、同社の最新世代となるウスタイトベースの触媒で、活性・安定性・起動速度が大幅に向上。低運転圧力(最大10㍴)・低リサイクル率(リアクター出口で最大1%強のアンモニア)で運用でき、アンモニア生産量の増加(最大3%)とエネルギー消費量・CO2排出量が削減できる。

 日産2000t規模のアンモニア工場では、触媒の一般的な寿命期間である15年間で12万5000tのCO2排出量削減が見込まれ、これは1年間で車1600台以上のCO2排出量に相当する。また、クラリアント独自の「ActiSafE」テクノロジーにより、アンモニア合成触媒活性化時の水蒸気生成とアンモニア濃度を安全で効率良く正確に測定することで、触媒の還元処理を迅速かつ安全に行える。

 同社は、新触媒がBASFに採用されたことで、さらなるメリットが実証されることに期待している。

クラリアント 水蒸気メタン改質のCO2削減技術を展開

, , ,

2021年12月8日

 クラリアントはこのほど、テクニップ・エナジーズ社(フランス)とともに、水蒸気メタン改質による持続可能な水素製造に向けた画期的な「復熱式改質テクノロジー『EARTH』」を共同開発し、本格販売を開始した。

 クラリアントの触媒技術とテクニップ・エナジーズ社の特許技術とのコラボレーションで開発を行い、「EARTH」は「水素用拡張環状改質チューブ」の頭字語を取ったもの。水蒸気メタン改質装置内の同心チューブ部品と、外部環状スペースに装填された構造体触媒からなる。

 新設計の構造化触媒は、圧力損失が少なく活性と熱伝達を最大化する。また安定性と機械的堅牢性に優れ、改質プロセス中の熱的・機械的応力や触媒床の体積減少時でも性能を維持する。ドロップインソリューションとして設計され、既存・新規の改質装置チューブに対応し、熱の回収と高い変換率を同時に実現する。

 2019年に開始したトルコのAkkim社の水素工場での先行運用では、CO2排出量は20%減少し、化石燃料消費量は約40%低減した。すでにスペインのRepsol社から、2023年稼働開始予定のスペイン・カルタヘナの2万1千N㎥/h規模の水素工場と、欧州にある既存水素工場のアップグレードの2件を受注。CO2排出量の削減が求められる炭化水素からの水素生産に対し、持続可能性の目標達成と工場の生産性と効率の改善といった、環境・経済の両面で大きな成果が期待される。