ENEOS 5月のベンゼンACPは前月比160ドル高

, ,

2021年5月7日

 ENEOSはこのほど、5月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を995ドル/tで決着したと発表した。4月のアジアベンゼン市況は、旺盛な域内誘導品需要と欧米ベンゼン価格の急騰影響を受けて上昇した。こうした市場環境を反映し、5月ACPは前月比トン160ドル高で決着した。

 なお、国内価格換算想定値は、113.5円/kgとなる。

ENEOS 4月のベンゼンACPは前月比20ドル安

,

2021年4月2日

 ENEOSは1日、4月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を835ドル/tで決着したと発表した。3月のアジアベンゼン市況は、中後半にかけて発生した原油・誘導品市況の変動影響を受けて乱高下する展開が続いた。こうした市場環境を反映し、4月ACPは前月比20ドル/t安で決着した。

 なお、国内価格換算想定値は、97.8円/kgとなる。

ENEOS 3月のベンゼンACPは前月比195ドル高

,

2021年3月2日

 ENEOSは1日、3月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を855ドル/tで決着したと発表した。2月のアジアベンゼン市況は、堅調な誘導品需要と、原油価格の上昇により前月比上昇した。こうした市場環境を反映し、3月ACPは前月比195ドル/t高で決着した。

 なお、国内価格換算想定値は、96.6円/kgとなる。

ENEOS 2月のベンゼンACPは前月比25ドル高に

,

2021年2月2日

 ENEOSは1日、2月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を660ドル/tで決着したと発表した。1月のアジアベンゼン市況は、誘導品市況低迷の影響を受けたものの、原油価格の上昇により前月比で上昇した。こうした市場環境を反映し、2月ACPは前月比トン25ドル高で決着した。

 なお、国内価格換算想定値は、74.4円/kgとなる。

ENEOS 12月のベンゼンACPは前月比115ドル高

, ,

2020年12月2日

 ENEOSは1日、12月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を575ドル/tで決着したと発表した。11月のアジアベンゼン市況は、原油の上昇に加え、経済回復による誘導品需要の高まりを受けて前月比上昇した。こうした市場環境を反映し、12月ACPは前月比115ドル/t高で決着した。

 なお、国内価格換算想定値は、64.9円/kgとなる。

ENEOS 11月のベンゼンACPは前月比35ドル高

,

2020年11月5日

 ENEOSはこのほど、11月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を460ドル/tで決着したと発表した。10月のアジアベンゼン市況は、経済回復による中国誘導品需要の高まりを受けて前月比上昇した。こうした市場環境を反映し、11月ACPは前月比トン35ドル高で決着した。

 なお、国内価格換算想定値は、53.4円/Kgとなる。

ENEOS 8月のベンゼンACPは前月比15ドル高

,

2020年8月3日

 ENEOSは31日、8月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を440ドル/tで決着したと発表した。7月のアジアベンゼン市況は、米国向け輸出の停滞継続に伴うアジア需給の緩和懸念から前半は低調に推移した。しかし後半は、米国誘導品稼働の回復基調を受けた輸出再開の期待が高まったことにより上昇となった。

 なお、国内価格換算想定値は51.7円/kgになる。

JXTGエネルギー 2月のベンゼンACPは710ドル

,

2020年2月4日

 JXTGエネルギーは3日、2月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を710ドル/tで決着したと発表した。

 1月のアジアベンゼン市況は、域内ベンゼン供給量の減少は継続しているものの、原油価格に連動して前月比で下落した。こうした市場環境を反映し、2月ACPは前月比25ドル/t安で決着した。なお、国内価格換算想定値は、82.5円/㎏になる。

JXTGエネルギー 1月のベンゼンACPは735ドルに

,

2020年1月7日

 JXTGエネルギーは6日、1月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を735ドル/tで決着したと発表した。

 12月のアジア域内ベンゼン市況は、誘導品メーカーによる旧正月前の在庫確保需要と域内ベンゼン供給量の減少を受けて、前月比上昇した。こうした市場環境を反映し、1月契約価格は前月比70ドル/t高で決着した。なお、国内価格換算想定値は、85.9円/kg。