【化学企業 入社式訓示⑦】ユニチカ 上埜修司社長

, ,

2021年4月12日

 依然先行き不透明で予断を許さないが、感染拡大防止と経済活動の両立を図る時期に入り、景気は回復局面に入っている。 昨年度は自動車や建築・土木用途の需要減少など厳しい状況の中、医療用アイソレーションガウンや感染防護服の緊急供給など、社会貢献に繋がる企業活動も行った。

 昨年度スタートした中期経営計画で「強固な事業ポートフォリオの構築」「グローバル化の推進」「社内風土・意識改革」の方針を掲げた。「強み」のある技術・商品分野を中心とした事業の強化、グローバルでのビジネス拡大・強化、そして「二度と品質保証上の誤りを起こさない」よう意識改革と再発防止策に取り組んでいる。

 経営理念「暮らしと技術を結ぶことにより、社会に貢献する」の下、長期ビジョン「G-STEP30」で2030年近傍の社会を想定し、「安全で安心な暮らし」「便利で快適な暮らし」「環境と共生する暮らし」にフォーカスし、それぞれの「暮らし」に貢献する商品やサービスの提供を目指す。そして持続可能な開発目標に貢献することを新たに「ミッション」と位置づけ、取り組みを進めている。

 皆さんにお願いしたいことが3つある。1つ目は「チャレンジ精神」。「変化を恐れず新たな発想でチャレンジしよう」という行動指針を掲げている。今皆さんは「変化の真っただ中」でチャレンジ精神旺盛に取り組んでいると思うが、その精神をもち続けてほしい。

 2つ目は「コミュニケーション力をつけること」だ。どのような仕事も、1人の力ではできず、チームやグループの一員として取り組むことになる。必ず求められるのがコミュニケーション力であり、自分の考えを伝え、人の考えを正しく理解するためには欠かせない力になる。

 3つ目は「プロフェッショナル」を意識することだ。これから様々な職場で、様々な業務や仕事に就くが、これぞという分野を見つけ、その分野での「プロフェッショナルになること」を目指し努力を継続し、数年後には先輩に追いつき追い越せるようになってもらいたい。

 皆さんの若さと活力でユニチカグループの新しい歴史の糸を紡いでいくことを期待する。そして健康と安全に十分留意し、充実した社会人生活を送られることを祈念する。

ユニチカ 人事(6月29日定時株主総会選任予定)

2021年4月12日

[ユニチカ・人事](6月29日定時株主総会選任予定)▽取締役上席執行役員技術開発本部長兼技術開発企画室長生産統括管掌北野正和▽同役員高分子事業本部長グローバル推進管掌東京駐在松田常俊▽取締役(非常勤)石川路子▽退任(取締役常務執行役員高分子事業管掌)、顧問榎田晃。

ユニチカ 人事(11日)

2021年4月9日

[ユニチカ・人事](11日)▽機能資材事業本部産業繊維事業部繊維資材営業部長兼同本部同事業部同部グループ長石川渡。

ユニチカ 人事(1日、11日、7月1日)

2021年4月7日

[ユニチカ・人事](1日)▽経営企画本部購買物流部長古川幹夫▽生産統括本部生産技術部長大久保修一▽同本部企画管理室長兼生産統括本部生産技術部部長代理山本規雄▽高分子事業本部樹脂事業部長村上浩司▽同本部同事業部エンプラ営業部長兼同本部同事業部エンプラ営業部グループ長高須賀秀浩(11日)▽同本部フィルム事業部フィルム業務室長兼同本部高分子企画管理部マネージャー西豪紀(7月1日)▽機能資材事業本部ACF事業部長兼同本部同事業部ACF営業部長兼同本部同事業部同部グループ長岩谷浩樹。

ユニチカ 役員人事(1日)

2021年4月7日

[ユニチカ・役員人事](1日)▽取締役常務執行役員高分子事業管掌榎田晃▽常務執行役員技術開発本部長兼技術開発企画室長生産統括管掌北野正和▽上席執行役員高分子事業本部長グローバル推進管掌東京駐在松田常俊▽同役員フィルム事業部長中西雅之。

ユニチカ ポリエステル繊維を値上げ、コスト上昇に対応

, ,

2021年4月2日

 ユニチカはこのほど、産業用ポリエステル繊維および衣料用ポリエステル繊維を、5月1日出荷分から値上げすると発表した。対象製品と値上げ幅は、産業用ポリエステル繊維(長繊維、短繊維)と衣料用ポリエステル繊維(長繊維、紡績糸)が「40円/kg」、衣料用ポリエステル繊維(テキスタイル)が「現行価格から10~20%」となっている。

 昨今、原油価格の上昇により合繊原料、輸送費、ユーティリティ費用などが上昇している。こうした中、同社は様々な合理化策を推進してきたが、自助努力による範囲を超えるものであり、安定供給を維持するため、今回の値上げを決定した。

 

ユニチカ 5月1日からスパンボンド不織布を値上げ

,

2021年4月1日

 ユニチカは31日、スパンボンド不織布について、5月1日出荷分から値上げすると発表した。対象製品は、ポリエステル製スパンボンド不織布、ポリエステル/ポリエチレン製スパンボンド不織布、ナイロン製スパンボンド不織布、ポリ乳酸製スパンボンド不織布で、改定幅は「現行価格から10%アップ」となっている。

 昨今、原油価格の上昇により合繊原料、輸送費、ユーティリティ費用などが上昇している。こうした中、同社は様々な合理化策を推進してきたが、自助努力による範囲を超えるものであり、安定供給を維持するためにも値上げせざるを得ないと判断した。

ユニチカ PA6T/PA66代替のバイオマスPA開発

, , ,

2021年3月23日

 ユニチカはこのほど、世界的に供給不足が続く6Tナイロン(PA6T)や66ナイロン(PA66)を代替できるナイロン樹脂「ゼコットAG310A-64」「ゼコットAG310A-67」「ナノコンM2090」シリーズの販売を開始したと発表した。

 自動車や電子部品などに使用されているPA6T、PA66の世界的な供給不足が続くが、その原因は主成分の1つであるヘキサメチレンジアミンの原料アジポニトリルの自然災害などの影響による供給不安定にあり、解消には数年はかかると見込まれている。

 このような中、ヘキサメチレンジアミンを使わずにPA6TとPA66を代替できるナイロン樹脂を、ポリアミド合成技術とバイオマス素材の利用技術の組み合せにより開発した。融点315℃の高耐熱性ホモポリマー ポリアミド10T「ゼコット」をベースに独自のコンパウンド技術により、PA6Tとほぼ同等物性で耐摩耗性が大幅に上回る「AG310A-64」シリーズを、また、ガラス繊維強化PA66とほぼ同等の物性の「AG310A-67」シリーズを開発した。

 「ナノコンM2090シリーズ」はPA6にクレイをナノメートルサイズで分散させた「ナノコン」をベースに、独自のコンパウンド技術で非強化PA66とほぼ同等の物性を実現した。いずれもPA6T、PA66の供給不足への対策に貢献できるとともに、植物由来であることから環境負荷低減への貢献が期待できる。

ユニチカ 包装用フィルム製品を値上げ、原料高騰に対応

, ,

2021年3月3日

 ユニチカは2日、包装用2軸延伸ナイロンフィルムおよびポリエステルフィルムについて、4月1日出荷分から値上げすると発表した。改定幅は「エンブレム」(ナイロンフィルム:15㎛換算)「エンブロン」(複層ナイロンバリアフィルム:15㎛換算)「セービックス」(ナイロンバリアフィルム:15㎛換算)が「連600円」、「エンブレット」(ポリエステルフィルム:12㎛換算)「セービックス」(ポリエステルバリアフィルム:12㎛換算)「セービックス」(バリアOPPフィルム:20㎛換算)が「連300円」となっている。

 昨今の原油価格の上昇を受け、主要原料の価格高騰が続いている。さらに物流費、ユーティリティー費用なども上昇の一途にある。こうした環境下、同社は様々な合理化と省力化策を推進してきたが、これらのコスト上昇は自助努力による範囲を超えており、安定供給を維持するため今回の値上げを決定した。

ユニチカ PVA系繊維を値上げ、コスト増に対応

, ,

2021年2月26日

 ユニチカは25日、衣料用ポリビニルアルコール(PVA)系繊維(ビニロン繊維)の「紡績糸・織物・編物」(難燃繊維含む)について、4月1日出荷分から値上げすると発表した。改定幅は「10~25%」。

 昨年からのPVA系繊維の原材料価格の上昇、近年の織物・編物の染色加工に使用する染料や薬剤・助剤といった価格の高止まり、さらに物流費などの高騰によるコスト増が、自助努力により吸収できる範囲を超えている。同社は、製品の安定供給を確保するため、今回の値上げを決定した。