日本化学繊維協会 新会長に東洋紡社長の竹内氏が就任

, , , , , ,

2021年7月2日

 日本化学繊維協会は1日、第699回本委員会を開催し、2020年度の日覺昭廣会長(東レ社長)の任期満了による退任に伴い、2021年度の会長に竹内郁夫氏(東洋紡社長)を選任した。副会長には上埜修司氏(ユニチカ社長)が就任している。任期はいずれも2022年6月30日までの1年間。

石化協 新体制スタート、3つの重点項目に注力

, , , , , ,

2020年7月6日

コロナ禍での安定供給、新常態への対応も課題に

 石油化学工業協会は、定時総会において選任された和賀昌之新会長(三菱ケミカル社長)を中心とする新体制がスタート。コロナ禍で先行き不透明感が強まる中、3つの重点項目である①保安・安全の確保、②事業環境の基盤整備、③グローバル化対応の強化に引き続き取り組み、石化産業と社会の持続的成長を目指していく方針だ。なお、副会長には、住友化学の岩田圭一社長、出光興産の松下敬副社長、東ソーの山本寿宣社長の3名が選任されている。

和賀昌之会長
和賀昌之会長

 2日に開催されたオンラインによる就任会見の中で和賀新会長は、「足元の世界経済は、新型コロナの感染拡大により深刻な影響を受け急速に悪化している。各国で段階的に経済活動の再開が進められているが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について