インドPVC輸入 6月は前年比8%増と高水準

2019年11月7日

上期では112万2000t、台湾がシェアトップに

 貿易統計によると、インドの6月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同月比8.3%増の18万1000tとなった。前月より減少したものの高水準を維持している。例年、6月はモンスーン期に当たり需要が減少するが、今年は雨量が少なく農業用パイプ向けなどに旺盛な需要が続いている状況だ。

 上期(1-6月期)で見ても、第1四半期(1-3月期)56万1000t、第2四半期(4-6月期)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドのPVC輸入 11月は対前年比31%増加

,

2019年2月14日

 貿易統計によると、インドの11月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同月比31%増の16万1000tとなった。前月は通貨ルピー安の影響で14万t台に落ちていたが、通貨安が改善傾向となったことで16万t台に回復している。需要は、農業用パイプや建築用途向けに加え、屋外排泄をゼロにするために設置を推進しているトイレのパイプ向けなどにも引き合いが強く、高水準な輸入が継続している状況だ。

 インドのPVC需要は年間約300万tで、その約半分を輸入していると見られていたが、1―11月期累計では

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について