宇部興産 豊田通商の北米コンパウンドメーカーを買収

, ,

2020年3月25日

 宇部興産はこのほど、豊田通商の連結子会社で、米国でコンパウンドの受託加工を行っているプレミアム・コンポジット・テクノロジー・ノースアメリカ(PCTNA社)の買収を決定したと発表した。4月1日をめどに宇部興産がPCTNA社の株式100%を豊田通商から譲り受け、新体制で事業を開始する予定だ。

PCTNA社の工場
PCTNA社の工場

 PCTNA社は、豊田通商グループ企業として2009年に設立。米国で主にナイロン以外の樹脂を原料とするプラスチックコンパウンド受託加工事業を行っている。日系自動車メーカー向け品質管理体制を整備しており、設立以来、同業界向けに長年の供給実績を持ち、その品質は高い信頼を得ている。

 宇部興産は、現中期経営計画の中でナイロン6事業を積極拡大事業と位置づけ、市場優位性を持つ押出用途のさらなる強化と、射出用途の事業領域の拡大を推進。昨年3月には、欧州子会社ウベコーポレーションヨーロッパ(スペイン・バレンシア州)がスペインのプラスチックコンパウンド製造・販売会社を買収し、射出・コンパウンド事業の海外拠点を拡充した。

 今回の買収により、従来の日本・タイ・スペインの製造拠点に加え、新たに北米で自社コンパウンド製造拠点を獲得。日本・アジア・欧州・北米の4極体制の確立により、自動車メーカー(OEM)・自動車部品メーカー(ティア1)へのグローバルな供給が可能となる。

  自動車分野で世界有数の市場でもある北米には、多くの日系OEM/ティア1が進出し、製造だけでなく開発業務も行うなど、現地化を加速化させている。宇部興産はPCTNA社を通じ、現地調達材提供を軸に、新たな価値を市場と顧客に提供する。

 また、宇部興産は、PCTNA社の持つ樹脂コンパウンドに関する技術・ノウハウも獲得。市場のニーズに応じた最適な樹脂種の提案、組み合わせが可能となり、宇部興産グループの製品開発、市場開発に大きく寄与することが期待される。

 宇部興産は、コンパウンド受託加工を新たな成長の機会と捉え、内製コンパウンドとのシナジーを通じ事業を展開することで、射出・コンパウンド市場での地位をより強固なものにしていく考えだ。

宇部興産 CPLの3月契約価格は前月比90ドル安

,

2020年3月19日

新型ウイルスの影響拡大、先行き不透明感強まる

 宇部興産は、ナイロン原料であるカプロラクタム(CPL)について、3月(上旬決め)の韓国・台湾大手向け契約価格を前月比90ドル安の1310ドル/tで決着した。3カ月ぶりの下落となり、ベンゼンとのスプレッドも、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

宇部興産 日立プラントメカニクスから化学機器事業を承継

, ,

2020年3月5日

 宇部興産は4日、機械事業の中核会社である宇部興産機械が、日立プラントメカニクスから、産業プラント用機器事業のうち、事業を承継すると発表した。

宇部興産 反応器
反応器

 以前より製作協力関係があった日立プラントメカニクスが産業プラント用機器事業の中核であるクレーン事業の拡大に向け経営資源を集中させることになったため、宇部興産機械は反応器、熱交換器、薄膜蒸発器などの化学機器製品・アフターサービス事業を今年7月1日付で承継する。

 宇部興産機械は、化学プラント向けの圧力容器、自動車業界向けのダイカストマシン・射出成形機、電力会社向けの大型搬送設備など、さまざまな産業機械の開発・製造・アフターサービスを手掛けてきた。

熱交換器
熱交換器

 今回、日立プラントメカニクスの一部事業を承継し、その顧客基盤・生産技術・設備・人員を引き継ぐことで、より一層進化した製品・サービスを国内外の顧客に届けていく考えだ。

宇部興産 人事(3月1日)

2020年3月3日

[宇部興産・人事](3月1日)【本社】▽大阪支店長兼総務部長末冨保夫【化学カンパニー】▽化学生産本部宇部ケミカル工場化成品製造部ナイロン製造グループリーダー馬場政義【建設資材カンパニー】▽監理部統合準備グループリーダー下村育生▽生産・技術本部総務管理部購買・物流グループリーダー吉富健治。

宇部興産 人事(4月1日)

2020年2月21日

[宇部興産・人事](4月1日)▽【化学カンパニー】UBE America Inc.(ウベアメリカ)取締役シニアバイスプレジデント森滋▽化学生産本部千葉石油化学工場長茶木原浩明。

宇部興産 役員人事(3月31日)

2020年2月21日

[宇部興産・役員人事](3月31日)▽退任(上席執行役員環境安全部・品質統括部・知的財産部担当)相川誠(4月1日付で宇部フィルム社長就任予定)(4月1日)▽執行役員化学カンパニー化学生産本部宇部ケミカル工場長、宇部藤曲工場担当高瀬太▽上席執行役員宇部マテリアルズ社長(予定)西田宏▽同役員環境安全部・品質統括部担当三浦英恒▽同役員化学カンパニー企画管理部長、合成ゴム事業部長横尾尚昭▽同役員同カンパニー研究開発本部長、技術戦略部・開発部門担当、知的財産部担当大田正芳▽執行役員建設資材カンパニー業務統制部・品質保証部・環境安全部担当小島弘昭。

宇部興産 運送費高騰などで、硝酸製品を4月1日から値上げ

, ,

2020年2月17日

 

 宇部興産は14日、硝酸製品の価格を4月1日出荷分から値上げすることを決定し、ユーザーとの交渉を開始すると発表した。

 価格改定幅は濃硝酸(98%)と希硝酸(62%)、希硝酸(67.5%)が「6円/kg」、希硝酸・ポリ缶が「10円/kg」。硝酸製品の価格改定は2018年2月以来となる。

 同日開催した記者説明会で、化学カンパニーナイロン・ファイン事業部の鈴木敏泰工業薬品営業部長は、値上げ要因として運送費高騰と安定供給体制の強化を挙げ、事業を

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

宇部興産・三菱マテリアル セメント事業などの統合で基本合意

, , ,

2020年2月14日

 宇部興産と三菱マテリアルはこのほど、セメント事業などの統合に関する基本合意書を締結したと発表した。12日開催の各取締役会で、2022年4月をめどに両社のセメント事業とその関連事業などの統合実施に向けた、具体的な協議・検討を開始することを決議した。

 今年9月末をめどに、統合に関する最終契約書を締結する予定。統合の範囲は、両社の国内・海外のセメント事業と生コンクリート事業、石灰石資源事業、エネルギー・環境関連事業、建材事業その他の関連事業とすることを予定している。

 統合の方法は、両社の折半出資により統合のための新会社を設立し、会社分割などの方法によって、それぞれの対象事業(対象事業に従事する子会社などの株式を含む)を新会社に承継させるとともに、新会社を存続会社、宇部三菱セメントを消滅会社とする吸収合併を行う予定だ。

 統合後の両社の新会社への出資比率は、承継する事業の価値の調整を行った上で、宇部興産・三菱マテリアル各50%とする基本方針の下に協議・検討していく。これらの事項を含む統合の諸条件については、最終契約書の締結までに両社間での協議を経て決定する。

 両社は1998年、折半出資により宇部三菱セメントを設立。両社単体のセメント販売・物流機能を統合して、物流費や本支店費の削減を含む一定の効果を実現してきた。現在、国内セメント事業は、需要の減少やエネルギー価格の高止まりなどによるコストアップなど、事業を取り巻く環境は大きく変化しており、両社のセメント事業の将来の成長のためには、従来の関係を発展させた新たな体制の構築が必要となっている。

 そこで、両社グループのセメント事業全般とその関連事業などを統合する方向で、具体的な協議・検討を開始することを決定した。この統合により、国内セメント事業で創出されるキャッシュフローを、国内外で成長が期待できる事業に集中的に投下することで、社会インフラの整備と循環型社会の発展に貢献する企業として持続的な成長を図り、両社にとって最適な運営体制を構築していく。