【CN技術の社会実装】積水化学工業 BR(バイオリファイナリー)技術 

, ,

2022年11月18日

積水化学工業のCN技術~BR(バイオリファイナリー)技術~

 CN実現への各社の取り組みが加速する中、資源循環が大きなテーマになっている。日本では、廃プラスチック処理において、熱回収と未利用(焼却や埋立処分)が全体の75%(約640万t)あるとされ、これを有効利用する手法が求められている。この1つのソリューションとして、廃プラを上流の原料や生成油まで分解するケミカルリサイクル(CR)が期待されている。各社は、外部からCR技術を導入するなど実証を進めているが、技術によっては廃プラの種類が限定されたり、添加物の除去が必要だったりと課題も多い。

 積水化学工業が開発したBR技術は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【CN技術の社会実装】積水化学工業 ペロブスカイト太陽電池~

, ,

2022年11月18日

積水化学工業のCN技術~ペロブスカイト太陽電池~

 日本で発明されたペロブスカイト太陽電池(PSC)は、次世代エネルギーデバイスの一つとして期待が高まっている。NEDOのグリーンイノベーション(GI)基金事業でも六件の案件が採用されており、社会実装に向けて各社の開発競争が活発化してきた。

 積水化学工業は独自の技術力を生かしてPSCの性能向上に注力しており、2025年度の事業化を目指している。JR西日本が進める新駅プロジェクトに採用されたことを機に、屋外の大面積分野をターゲットに展開を加速し、2030年以降には売上高100億円規模を目指していく方針だ。

ペロブスカイト太陽電池

 PSCは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

積水化学工業 全戸一括インターネットと光回線TV、提供開始

, , , , , , ,

2022年11月16日

 積水化学工業はこのほど、ギガプライズ、スカパーJSAT、Secualと共同で、戸建分譲地向け全戸一括インターネット接続およびテレビ視聴サービス「ニスム コネクト×光回線テレビ」を開発し、大規模分譲地「流山リードタウン」内の戸建分譲街区「スマートハイムシティ流山富士見台」(SHC流山富士見台)で提供を開始すると発表した。

ニスム コネクト×光回線テレビ 提供イメージ

 積水化学グループのインフラ技術、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

積水化学工業 中計進捗は順調、収益は過去最高を計画

, ,

2022年11月14日

加藤社長「長期ビジョン達成にドライブがかかる」

 積水化学工業は10日、都内において記者会見を開催し、「社会課題解決への取り組み」をテーマに、加藤敬太社長が説明を行った。

加藤敬太社長

 中期経営計画「Drive 2022」(2020~2022年度)の進捗について、加藤社長は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

積水化学工業 国内初のFSC認証クラフトテープを発売

, , ,

2022年11月11日

 積水化学工業はこのほど、機能テープ事業の主力製品であるクラフトテープにおいて、国内で初めてFSC(森林管理協議会)認証製品として「クラフトテープNo.500F」の販売を開始したと発表した。

FSC認証クラフトテープ

 今後、同製品の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

積水化学工業 米国でポリオレフィンフォームの生産能力を増強

, , , ,

2022年11月10日

 積水化学工業は9日、米国子会社SEKISUI VOLTEK社(ミシガン州)において、ポリオレフィンフォームの新建屋と生産ラインを増設すると発表した。生産能力を現状の年産約6000tから2割程度向上させる予定。投資金額は60億円で、2024年度第2四半期(7-9月期)の稼働開始を予定している。

SEKISUI VOLTEK社

 同社の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

積水化学工業 強化プラ複合管など値上げ、運送費などが高騰

,

2022年11月2日

 積水化学工業は1日、強化プラスチック複合管および関連製品について、12月1日出荷分から値上げすると発表した。対象製品と改定幅は、強化プラスチック複合管が「10%以上」、継手などの関連製品が「15%以上」。

 原油・エネルギー価格や輸送費の高騰に加え円安の影響もあり、当該製品の生産やデリバリーに関わるコストが上昇を続けている。同社は今年5月に価格改定を実施しているため、さらなる価格改定は市場への影響が大きいと考え、仕入先との交渉やコスト削減を重ね、慎重に検討してきた。しかし、現在の状況は自助努力で対処できる水準を超えていると判断し、販売価格改定の実施を決定した。

 

積水化学工業 配管関連部材を値上げ、コスト上昇に対応

,

2022年11月1日

 積水化学工業は31日、配管関連部材の各製品について、12月1日出荷分から値上げすると発表した。対象製品と改定幅は、接着剤、接合材、滑剤が「15%以上」、ベルグリップV型が「18%以上」、DRジョイントが「10%以上」、テーパーコア短管が「15%以上」。

 原油・エネルギー価格、輸送費の高騰や為替の影響により、配管関連部材のコストが上昇している。同社は今年5月に価格改定を実施しているため、さらなる価格改定は市場への影響が大きいと考え、仕入先との交渉やコスト削減を重ね、慎重に検討してきた。しかし、現在の状況は自助努力で対処できる水準を超えていると判断し、販売価格の改定の実施を決定した。

環境省 脱炭素化支援機構を設立、出資金を原資に投資

, , , ,

2022年10月31日

 環境省は28日、脱炭素事業に意欲的に取り組む民間事業者などを支援することを目的に、「株式会社脱炭素化支援機構」を設立した。設立時の出資金は204億円(民間82社が102億円、財政投融資が102億円)。化学企業では積水化学工業と昭和電工が出資している。

脱炭素化支援機構

 同機構では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

積水化学工業の上期 高付加価値品の拡大で上期過去最高収益

,

2022年10月28日

 積水化学工業は27日、2023年3月期上半期(4―9月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比11%増の6078億円、営業利益14%増の403億円、経常利益32%増の539億円、純利益430億円増の391億円となった。決算会見において上脇太代表取締役専務執行役員は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について