DIC 素材の感性価値を定量化、開発スピードを加速

, , , ,

2022年6月27日

 DICはこのほど、電気通信大学(坂本真樹研究室)が保有する感性(触感、質感)とAIに関する特許技術・知財を活用し、新素材開発システムの構築に向け、同大発のベンチャー「感性AI」と共同研究を開始すると発表した。

梨地フィルムを用いた食品包装

 素材の触感や質感がもたらす感性価値を数値化して客観的に提示する定量化技術を活用し、緻密かつスピーディな新しい素材開発イノベーションの創出を目指す。

 自動車業界や

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

DIC エポキシ樹脂および硬化剤値上げ、採算是正図る

, ,

2022年6月27日

 DICは24日、エポキシ樹脂およびエポキシ樹脂硬化剤製品について、7月7日納入分から値上げすると発表した。対象製品と改定幅は、エポキシ樹脂ではビスフェノールA型が「90円/kg以上」、ビスフェノールF型が「130円/kg以上」、ノボラック型固形/溶液が「110~150円/kg以上」、難燃型が「100円/kg以上」。また、難燃剤が「150円/kg以上」、ノボラック系硬化剤が「130円/kg以上」、アミン系硬化剤が「40円/kg以上」、その他対象製品が「50円/kg以上」となっている。

 今年1月に当該製品の値上げを実施した後も、原料ごとの需給バランスをベースにした市況が高騰し、原材料価格が上昇し続けている。加えて、ユーティリティーコストの著しい上昇や急激な為替変動も新たなコスト負担になっている。同社は、これらのコスト上昇を自助努力だけで吸収することは極めて困難な状況にあることから、今後の製品の安定供給と事業継続を図るために、価格改定が避けられないと判断した。

DIC 新規無溶剤型接着剤が包装技術協会の木下賞に

, , , , ,

2022年6月22日

 DICはこのほど、日本包装技術協会が主催する「第46回木下賞」において、分別塗工方式による新規無溶剤型ラミネート用接着剤「デュアラム」が「包装技術賞」を受賞したと発表した。

「デュアラム」を使用した軟包装パッケージ

 ラミネート用接着剤は、食品や日用品などの軟包装パッケージを成形する際に、異なる特長をもつフィルムを貼り合わせるラミネート加工時に用いられる。日本では従来のラミネート用接着剤は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

DIC 「スマート センシング」に無線センサーを出展

, , ,

2022年6月13日

 DICはこのほど、屋内環境における空気環境のセンシングに用いる、やわらかい無線センサー「ハッテトッテ」を、東京ビッグサイトで開催される「Smart Sensing(スマート センシング)2022」(今月15~17日)に出展すると発表した。

無線センサー「ハッテトッテ」2製品

 販売中の「温湿度・照度センサー」に加え、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

DIC グリーンローンで資金調達、再エネ設備に投資

, ,

2022年6月10日

 DICはこのほど、三菱UFJ銀行から、再生可能エネルギー設備(太陽光発電・バイオマス設備)を資金使途としたグリーンローンを実行したと発表した。

 今回の設備資金は、日本格付研究所(JCR)より、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

DIC 顔料製品を値上げ、原材料などコストが上昇

,

2022年6月2日

 DICはこのほど、同社グループが取り扱う顔料製品について、7月1日出荷分から値上げすると発表した。改定幅は「現行価格の15%まで」(一部改定幅が異なる製品あり)。

 景気回復の兆しが見えない中、顔料事業に関わる原材料や資材などのあらゆるコストが上昇し続けており、インフレ圧力が高まっている。また、ロシア・ウクライナ危機や中国・上海市などでのロックダウン(都市封鎖)による不確実性により、グローバルサプライチェーンに悪影響が生じている。

 同社は自助努力による対応を継続しているものの、目下のコスト上昇を吸収することは極めて困難であることから、今後の安定供給と事業継続を図るためには、原材料および資材コスト上昇分の値上げが必要と判断した。なお、物流費やエネルギー価格も歴史的な高水準にあるが、今回の改定では輸送サーチャージとエネルギーサーチャージは据え置くとしている。

DIC フェノール樹脂と尿素メラミン樹脂を値上げ

, , ,

2022年6月1日

 DICは31日、子会社であるDIC北日本ポリマが、フェノール樹脂および尿素メラミン樹脂製品について、6月15日納入分から値上げすると発表した。改定幅は、フェノール樹脂の固形分100%が「45円/kg」、尿素メラミン樹脂の溶液が「15~30円/kg」。なお諸経費分(ユーティリティや物流コスト、容器価格)は別途加算される。

 今年3月に価格改定を実施したが、4月以降も原油価格や、主原料となるベンゼン、フェノール、メタノール、尿素、メラミンなどの価格が高騰している。さらにユーティリティーや物流コスト、容器価格も上昇し、樹脂原材料を取り巻く環境は一層厳しさを増している。

 同社は、引き続き自助努力による吸収を続けているが、昨今のコスト上昇を吸収することは極めて困難な状況にあることから、今後の安定供給と事業継続を図るために、価格改定が避けられないと判断した。

DIC 米バイオベンチャーと2回目の共同開発契約締結

, ,

2022年5月25日

 DICはこのほど、米バイオベンチャー企業チェッカースポット社(カリフォルニア州アラメダ)と、2回目の共同開発契約を締結した。

 今回の共同開発では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

PS各社 値上げ出揃う、7月の価格改定を前倒し

, , ,

2022年5月18日

ナフサ・ベンゼン急騰、早期決着で採算是正図る

 ポリスチレン(PS)メーカー3社の原燃料高に対応した値上げが出揃い、ユーザーとの交渉が本格化している。

 PSの価格改定は、原料であるベンゼンACP(アジア契約価格)やナフサ価格、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

DIC インド子会社にコーティング用樹脂の新工場建設

, , ,

2022年5月18日

新工場の完成予想図。2023年7月の稼働開始を予定する

 DICは17日、インド・マハラシュトラ州スパ工業団地にある子会社アイディールケミプラスト(Ideal Chemi Plast)社で、コーティング用樹脂の新工場の建設を開始したと発表した。生産能力を

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について