ニードルコークス 需給が逼迫し市況高騰が継続

, ,

2018年10月22日

 黒鉛電極の原料として使用されるニードルコークスは、昨年以降、電炉鋼向けの需要増加に加え、リチウムイオン二次電池(LIB)負極材向けにも需要が強い。生産が限られていることから需給バランスが逼迫しており、市況の高騰が今後も続く見通しだ。

 中国では昨年、地条鋼と呼ばれる粗悪鉄が撲滅されたことや、環境規制により石炭を使用する高炉の稼働が低下したことで、電炉鋼への需要が急激に高まった。そのため、

この記事全文を閲覧するにはログインが必要です。
日刊ケミカルニュースをご購読されている方は無料でWEB会員にご登録いただけます。