アジア石化市況 フェノールは需給タイトで高止まり

,

2018年11月22日

 アジア地域の石化市況でフェノールが高止まりを続けている。11月第1週は、1430∼1480ドル/tとなり、10月第3週から3週連続で今年最高値での取引となった。

 軟化傾向にあるベンゼンとのスプレッドは632ドルと前週から46ドル拡大。アジア石化市況全体が調整局面にある中、フェノールの好況が目立っている。

 その背景として、

この記事全文を閲覧するにはログインが必要です。
日刊ケミカルニュースをご購読されている方は無料でWEB会員にご登録いただけます。