WTI原油 OPEC減産などで55ドルに回復

2019年2月6日

 世界の原油相場では、昨年クリスマス休暇明けに反転していたWTI価格が上昇基調となり、足元55ドル前後で推移している。

 OPEC(石油輸出国機構)やロシアの減産に加え、米国油井リグの稼働数が減少し、原油在庫が減少していることが大きな要因だ。世界的な原油の需要も底堅く推移していることから、この先もWTIは大きく崩れるとの見方は少なくなっている。

 昨年10月に76ドル台にまで上昇したWTI価格は、世界経済の減速が意識され急落し、12月24日には

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について