荒川化学 採算性の改善とグローバル展開を加速

2019年6月5日

 荒川化学工業の2018年度決算は、中国の環境規制に伴う原料の調達不安や価格高騰、水素化石油樹脂の販売減により減収、富士工場事故の影響と原料高、諸コストの上昇で大幅な減益となり、第4次中期5ヵ年計画「Dramatic SHIFT1」(16~20年度)で掲げた経常利益の中間目標を2割ほど下回った。

 しかし、宇根高司社長は3日に開催した決算説明会で、最終目標は変更せず

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について