宇部興産 カプロラクタムの10月価格は前月比30ドル高

,

2019年10月17日

2カ月ぶり反発も、ベンゼン高をカバーできず

 宇部興産は、ナイロン原料であるカプロラクタム(CPL)について、10月(上旬決め)の韓国・台湾大手向け契約価格を前月比30ドル高のトン1480ドル/tで決着した。

 9月の大幅な落ち込みから反転したが、底を打ったというよりも、原料ベンゼン価格の高騰が主な要因。しかも、10月のACP(ベンゼンのアジア契約価格)は前月比50ドル/t高となっており、ベンゼン上昇分に届かない上昇幅となっている。

 そのためスプレッドは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について