宇部興産の4-9月期 合成ゴムのスプレッド改善で増益に

,

2019年11月5日

 宇部興産は1日、2019年度上期(4-9月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比4%減の3351億円、営業利益11%増の168億円、経常利益11%減の166億円、純利益13%減の108億円となった。

 同日開催された決算会見で藤井正幸取締役常務執行役員は「売上高は、カプロラクタム(CPL)などの市況下落やナイロン・石炭などの販売数量減少により減収となったが、営業利益は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について