アクリロニトリル 下期に入り市況は軟化傾向に

2020年1月27日

ABS需要は堅調も、リスク要因で先行き不透明

 ABS樹脂やアクリル繊維の原料であるアクリロニトリル(AN)は、下期に入り市況が軟化傾向にある。足元のAN市況は1500ドル/tを下回っており、上期平均の1800ドル/tから300ドル/t程度下落している状況だ。その背景として、米中貿易摩擦の長期化により、中国景気が減速していることが挙げられる。

 中国市場で

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について