出光興産など B5軽油で建設現場の脱炭素化に貢献

, , , , , ,

2024年6月21日

品質管理と安定供給をクリア、供給拡大も視野に

 出光興産、エア・ウォーター、鹿島建設はこのほど、鹿島が北海道内の工事現場で使用する建設機械および発電機向け燃料として、バイオディーゼルを5%混合した「B5軽油」の供給・使用を開始すると発表した。今回のプロジェクトでは、バイオディーゼルの使用で課題となる品質管理と安定供給をクリアしており、低炭素燃料であるB5軽油の使用拡大と地産地消を目指していく。

北海道の建設現場でB5軽油の供給・使用 プロジェクトのイメージ

 脱炭素に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカルグループ 高機能PC樹脂、英国製スマホ筐体に採用

2024年6月21日

 三菱ケミカルグループは20日、高機能ポリカーボネート(PC)樹脂「XANTAR(ザンター)Kシリーズ」が、英国ロンドンを拠点とするデジタル製品企業NOTHING社のスマートフォン「Nothing Phone(2a)」の筐体(背面板)に採用されたと発表した。「ザンター」が同社のスマホに採用されるのは初となる。

「XANTAR Kシリーズ」が採用された「Nothing Phone 2a」

 「ザンター」は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

クラレノリタケデンタル 1ステップ型ボンディング材を新発売

,

2024年6月20日

 クラレノリタケデンタルは、1ステップ型ボンディング材「クリアフィル ユニバーサルボンド Quick2」を、今月21日より発売する。

「クリアフィル ユニバーサルボンド Quick2」

 1ステップ型ボンディング材は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

東洋紡エムシー 三次元網状製品がヒグマの床ずれ予防に

, , , , ,

2024年6月19日

 東洋紡エムシーが製造販売する三次元網状繊維構造体「ブレスエアー」を使ったマットレスが、神戸市立王子動物園で飼育されているオスのエゾヒグマ(名前:ロクジ)の褥瘡(じょくそう=床ずれ)予防に活用された。 

『ブレスエアー』のマットレス(薄いグレー)の上で食事をしたり、寝転がったりするエゾヒブマの「ロクジ」

「ブレスエアー」は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

旭化成 膜ろ過法注射用水装置を開発、CO2削減に貢献

,

2024年6月19日

 旭化成はこのほど、従来の蒸留法の代替技術として膜ろ過法によるWFI(注射用水)装置を開発したと発表した。4月から販売を開始している。

マイクローザを搭載したWFI装置

 同装置は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

旭化成 4インチAlN単結晶基板、サンプル提供開始へ

, , ,

2024年6月17日

 旭化成はこのほど、米国子会社クリスタルISが製造する4インチ(直径100㎜)窒化アルミニウム(AlN)単結晶基板について、使用可能面積が99%を超えたことから、国内外の半導体デバイスメーカーへのサンプル基板の提供を今年度下期から開始すると発表した。両社は今後、サンプル提供を通じて社外パートナーとAlN半導体の研究開発を加速させ、実用化を進めていく。

AIN基板:使用可能面積 90%基板(左) 今回製造に成功した同99.3%基板(右)

 AlNは非常に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

名工大 ペルフルオロアルキルエーテルの新合成法を開発

, , , , ,

2024年6月12日

 名古屋工業大学大学院工学研究科の川井孔貴氏(共同ナノメディシン科学専攻3年)、柴田哲男教授(工学専攻〈生命・応用化学領域〉、共同ナノメディシン科学専攻)らの研究グループは、機能性物質の開発素子として重要なペルフルオロアルキルエーテルを、選択的ハロ・ペルフルオロアルコキシ化反応を見出すことにより、簡便に合成することに成功した。

開発したジフルオロアルケンのヨードペルフルオロアルコキシ化反応

 ペルフルオロアルキルエーテルは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

東ソー 常圧・低濃度CO2から化学品の原料合成に成功

, , , , ,

2024年6月12日

 東ソーはこのほど、産業技術総合研究所、触媒科学総合研究センターと共同で、常圧・低濃度のCO2から、ジエチルカーボネート(DEC)を合成する触媒反応を開発したと発表した。

常圧・低濃度CO2を直接利⽤したDEC合成技術

 DECは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ENEOSとオムロン EVを活用したV2X実証で合意

, , ,

2024年6月11日

 ENEOSパワーとオムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)はこのほど、電気自動車(EV)の充放電時間を最適化する「どこか de ENEマネ(V2X)」の実証を2024年度下期から開始することで合意した。

ENEOSのVPPネットワーク

 V2X(Vehicle to X)とは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

カネカ 生分解性バイオポリマー、船外機の梱包材に採用

, , ,

2024年6月11日

 カネカが展開する「カネカ生分解性バイオポリマー Green Planet」製のフィルムと発泡成型品が、スズキの船外機の梱包資材に採用された。フィルムは船外機の埃除けカバーと付帯部品の袋、発泡成型品は緩衝材に使用される。

船外機完成品梱包。『Green Planet』フィルムを埃除けカバーとして使用(梱包確認用に外装段ボールを切り抜いた写真)

 「Green Planet」は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について