インドPVC輸入 6月は前年比68%マイナス

2020年10月8日

モンスーン期で数量大幅減、日本はトップを維持

 貿易統計によると、インドの6月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は、前年同月比67.6%減の5万9000tとなり、7カ月連続でマイナスとなった。2017年3月以来となる5万t台を記録している。

 コロナ禍の影響が拡大する中、同国では3月末にロックダウンを実施。その影響を受け4月、5月と約40%の減少で推移していたが、6月は不需要期となるモンスーン期(6~9月)に入ったことで、大きく落ち込む結果となった。上期(1-6月期)で見ても、前年同期比32.1%減の76万2000tとなっており、仮に年後半に回復したとしても2020年(暦年)の輸入量は前年(約214万t)を大きく下回る見込みだ。

 こうした中、これまで3万t前後で推移していた日本品も6月は約3分の1の1万t台となった。ロックダウンの影響で、5月のオファーが成立しなかったことが大きく響いている。

 6月の輸入を国別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドPVC輸入 5月は前年比38%マイナス

2020年9月10日

4月を底にやや持ち直し、日本は高シェアを維持

 貿易統計によると、インドの5月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は、前年同月比38.2%減の12万1000tとなり、6カ月連続でマイナスとなった。年明け以降は、景気回復とともに輸入量が増加傾向となっていたところに、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大。その影響を受け3月の輸入量は同33.1%減の13万4000tと、2月から約4万tの落ち込みとなった。

 さらに4月は、3月末に同国でロックダウンが実施されたこともあり、同39.6%減の11万1000tと一段と悪化。その後、一部でPVCを調達する動きが出てきたことで、5月は前月比9000t増とやや持ち直す結果となっている。

 インドはPVCの輸入ポジションであり、近年、インフラ整備や農業用資材向けなどに輸入量を大きく伸ばしてきた。しかし、仮に足元の状況が長引けば、2020年の輸入量は前年(213万9000t)を大きく下回る可能性が高まっている。

 こうした中、日本品は他の国に比べ数量が極端に落ち込まず健闘している。最もコロナ禍の影響を受けた3月と4月は、前年同月比20数%減と3万tを割り込んだが、5月には減少幅が縮小し3万t台を回復した。

 5月の輸入を国別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドPVC輸入 2019年は前年比9%増に

2020年6月24日

総輸入量214万t、日本と台湾がシェア拮抗

 貿易統計によると、インドの2019年(1-12月期)の塩ビ樹脂(PVC)輸入は、前年比9.3%増の213万9000tとなった。3Q(7-9月期)はモンスーン期が長引いた影響で47万4000tと50万t割れとなっていたが、1Q(1-3月期)56万1000t、2Q(4-6月期)56万t台、4Q(10-12月期)54万4000tと、いずれも50万t半ばの高水準で推移した。

 昨年の輸入を国別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドPVC輸入 11月は2カ月連続プラス

2020年3月18日

需要が本格化、日本品は8月以降シェアトップ

 貿易統計によると、インドの11月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は、前年同月比19.8%増の19万2000tと2カ月連続でプラスとなった。

 3Q(7-9月期)は月15万t台と低水準で推移していたが、長引いていたモンスーン期がようやく明けたことで、10月からは19万t台と大きく輸入量が回復している。仮に12月もこのペースを維持すれば、2019年の輸入量は前年(195万7000t)を大きく上回る215万t超となる見通しだ。

 11月の輸入を国別で見ると、1位の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドPVC輸入 8月は海外トラブルで7%減

2019年12月2日

日本がシェアトップ、AD解除や税率変更も影響

 貿易統計によると、インドの8月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同月比6.9%減の15万9000tとなり、7月(15万6000t)に続き低水準となった。

 今年はモンスーン期に入っても雨量が少なく、インド国内の引き合いは強い状況が続いていた。そうした中、南米に続き、韓国やインドネシアでも相次いでプラントトラブルが発生。世界的に需給タイトとなったことで、インド向け輸出が減少する結果となった。ただ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドPVC輸入 6月は前年比8%増と高水準

2019年11月7日

上期では112万2000t、台湾がシェアトップに

 貿易統計によると、インドの6月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同月比8.3%増の18万1000tとなった。前月より減少したものの高水準を維持している。例年、6月はモンスーン期に当たり需要が減少するが、今年は雨量が少なく農業用パイプ向けなどに旺盛な需要が続いている状況だ。

 上期(1-6月期)で見ても、第1四半期(1-3月期)56万1000t、第2四半期(4-6月期)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドのPVC輸入 5月は20万tに迫る勢い

2019年9月9日

 貿易統計によると、インドの5月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同期比34.1%増の19万5000tとなり、3月以来となる月間20万tが目前に迫る勢いとなった。農業用パイプやインフラ向けなど、おう盛な需要が続いており、輸入量が増加の一途をたどっている状況だ。

 今年、インドでは春に総選挙(4~5月)が予定されていたため、インフラ工事の停滞からPVC需要の鈍化が見込まれていた。ただ、大きな影響は見られず、4月(18万4000t)、5月と1Q(1-3月期)に引き続き高水準な輸入量が継続している。仮にこのペースを維持すれば、2019年の輸入量は昨年(195万6000t)を大きく上回る220万t超となりそうだ。

 一方、5月の輸入を国別で見ると、1位は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドのPVC輸入 4月も前年比15%増と高水準

,

2019年7月29日

 貿易統計によると、インドの4月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同期比15.0%増の18万4000tとなり、1月からの勢いが続いている。このペースを維持すれば、2019年の輸入量は2018年の195万7000tを上回る220万tレベルとなりそうだ。

 インドの2018年度(4-3月期)のGDPは6.8%と想定を下回ったが、その要因として

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドのPVC輸入 1-3月期は56万1000t

,

2019年6月27日

 貿易統計によると、インドの1Q(1-3月期)の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同期比9.6%増の56万1000tとなり、四半期として2018年3Q以来の50万t台となった。

  昨年は通貨ルピー安の影響で一時輸入が落ち込んだものの、年末にかけて月16万tレベルにまで回復。今年に入り1月18万t弱、2月18万1000tと増加傾向となり、3月は20万t超まで伸長している。

  インドの2018年度(4-3月期)のGDPは、後半に減速傾向となったものの、6.8%と高い成長率を記録した。こうした中、農業用パイプやインフラ整備などに使用されるPVCは、需要がおう盛なものの、同国内において設備の新増設が行われていないため、輸入量が増加の一途をたどっている状況だ。

  2018年(暦年)の輸入量は、前年比69%増の195万7000tとほぼ200万tに近い数字となったが、足元の勢いが続けば、2019年は昨年の実績をさらに上回るとの見方が強まっている。

  ただ、4月以降については、春に実施された総選挙の影響によるインフラ計画の停滞や、モンスーン期(6~9月)前の需要期が収束することで需要が一時的に弱まる見込み。本格的な需要回復はモンスーン期が終了する9月前後との指摘もあり、市場動向が注目される。

  1Qの輸入を国別で見ると、1位は日本(11万2000t:シェア20.0%)、2位に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インドのPVC輸入 1月は13%増の18万tに

,

2019年4月22日

 貿易統計によると、インドの1月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同月比13%増の18万tとなり、2018年3月以来の高水準を記録した。昨年後半は通貨ルピー安の影響を受け10月は14万t台に落ち込んでいたが、通貨安の改善に伴い輸入量が再び増加傾向となっている。

 2018年(暦年)の輸入量は、前年比69%増の195万6000tとほぼ200万tに近い数字となったが、今年に入ってからもその勢いが続いている状況だ。2016年のインドのPVC需要は年間300万t程度であり、国内生産と輸入量がほぼ半分ずつとなっていた。

 同国において新増設計画がない中、農業用パイプやインフラ整備などおう盛な需要を背景に市場の高成長が続いているため、輸入量が大幅に拡大している。ただ今年については、春に総選挙が実施されるためインフラ計画が停滞し、需要が一時的に減少すると見られている。とはいえ、1月の実績を見る限り、昨年を上回る可能性も十分ありそうだ。

 1月の輸入を国別でみると、1位の台湾(4万1000t:シェア22.9%)、は変わらなかったものの、2位に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について