旭化成 3密見える化ソリューション、東邦大学が採用

, , , , ,

2022年1月14日

 旭化成は13日、新型コロナウイルス感染症対策を目的に提供するCO2センサーを使った換気状況の確認サービス「3密見える化ソリューション」が東邦大学の習志野キャンパスで新たに採用されたと発表した。

3密見える化ソリューション CO2センサーの設置

 CO2センサーで密閉・密集の状況をモニタリングすることにより、適切な換気を管理できることは広く知られている。同大学では学生や教職員の安全、そして保護者の安心を確保するため感染症対策を推進しており、今回、さらなる対策の向上を目的に、習志野キャンパスの理学部Ⅲ号館、Ⅳ号館、Ⅴ号館に、同ソリューションが導入された。

 同ソリューションには温湿度センサーに加え、旭化成エレクトロニクスの子会社センスエアー社の高精度かつ低消費電力のCO2センサーが内蔵され、約1分間隔でセンサーの計測データをクラウドに送信。これにより、各教室のCO2濃度、温度、湿度情報を管理部署で一括確認することが可能になる。さらに旭化成が提供する無償アプリ「換気View」をインストールすることで、学生・教職員を問わず誰でもスマートフォンなどからその場所のCO2濃度をリアルタイムで確認できる。

3密見える化ソリューション 学生向けのアプリインストール啓発ポスター

 同大学では、今月からの大学入学共通テストや入学試験に際しても同ソリューションを活用する予定で、学生や教職員のみならず、受験生に向けても安心できる環境の提供を目指す。また、得られたデータを蓄積し、さらなる効果的な感染予防策を講じていくことで、より安全に学習や研究活動に取り組めるようなキャンパスを提供していく。同社は今後も、同ソリューションの提供を通じ、教育機関や飲食店、商業施設などにおける換気管理の支援に取り組んでいく。

旭化成 3密見える化ソリューション、千代田区へ提供

, , , ,

2021年5月28日

 旭化成はこのほど、東京都千代田区における新型コロナウイルス感染症拡大への対策として、3密(密閉、密集、密接)の状況を見える化するソリューションを同区に対し提供すると発表した。千代田区は旭化成のCO2センサーを「千代田区新しい日常店」に配布する。

CO2センサーと「換気 View」アプリ
CO2センサーと「換気 View」アプリ

 CO2センサーで密閉・密集の状況をモニタリングすることにより、適切な換気を管理できることが広く知られている。同社は昨年より、新型コロナ対策として、自社のCO2センサーを活用した「3密見える化ソリューション」の実証実験を飲食店や官公庁と共同で行ってきた。今回、千代田区の「疫学的なエビデンスに基づいた感染予防対策を講じていく」という方針に、CO2濃度を指標とした換気管理のための技術が貢献できることからCO2センサーが採用された。

 同社のCO2センサーは、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスと組み合わせることで、周囲のCO2濃度を表示。バッテリー駆動で約1年間作動し、スマートデバイスに専用アプリケーション「換気View」をインストールすれば簡単に無線接続でき、だれでもCO2濃度を参照できる。本体には配線がなく、工事不要でどこにでも設置可能で、状況に応じて再配置することも容易だ。

 アプリケーションは標準版(無償)とPRO版(有償)の2つ。標準版は室内のCO2濃度をリアルタイムに表示し、ユーザーが換気の必要性を判断できる。PRO版はiPadでのみ作動し、CO2濃度と湿度を参照でき、CO2濃度が設定値を超えた時に画面表示やアラーム音で換気を促すほか、設定したメールアドレスにアラートメールを配信する機能もある。

 千代田区は「千代田区新しい日常店」の取り組みに応じた独自の認証レベルを設定。同社はCO2センサーをクラスⅡの約200店舗に配送し、今月末にはクラスⅠの約100店舗にも配布する。また、飲食店などに対し有償版の「換気View Pro」を9月末まで無償で提供する。なお、千代田区では今年度、計500台のCO2センサーを飲食店などに配布する計画だ。

CO2センサーと専用アプリの設置例
CO2センサーと専用アプリの設置例