インドのPVC輸入 7-9月は20%増、米国品が拡大

2018年12月3日

 貿易統計によると、インドの第3四半期(7-9月期)の塩ビ樹脂(PVC)輸入は50万2000tとなった。昨年同期は41万9000tであり、前年比では19.9%増と旺盛な需要が継続している。

 例年インドでは、6~8月にかけてモンスーン期に入るため、農業用パイプなどの需要が低迷していた。しかし今年は建築用途などインフラ向けに需要が好調であり、単月で見ても、7月が15万4000t、8月が17万1000t、9月が17万7000tと落ち込むことなく高水準で推移している。

 インドのPVC需要は

この記事全文を閲覧するにはログインが必要です。
日刊ケミカルニュースをご購読されている方は無料でWEB会員にご登録いただけます。