ADEKA 城詰社長「三本柱で売上高3000億円超目指す」

2019年5月29日

 ADEKAは28日、都内本社で2018年度決算および中期経営計画の進捗について説明会を開催した。

城詰社長
城詰社長

 城詰秀尊社長は業績について、「日本農薬グループの連結子会社化や海外子会社の決算期変更により、収益が底上げされた。ただその要因を除いても増収増益傾向となっている。売上高、各利益項目は4期連続で過去最高を更新した」と総括した。

 売上高は2993億円(前年比25%増)、営業利益は266億円(同25%増)。

 化学品事業では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について