JXTGエネルギー 供給体制再構築、大阪製油所を千葉に移管

,

2019年7月24日

 JXTGエネルギーは23日、ペトロチャイナ(PCI)傘下の中国石油国際事業日本(PCJP)との合弁会社「大阪国際石油精製(OIREC)」が運営する大阪製油所(原油処理能力11万5000BD)を、2020年10月を目途に停止しアスファルト発電設備を運営する事業所として再構築すること、またOIRECの運営する製油所を現在の大阪製油所から千葉製油所(同12万9000BD)に変更の上、協業継続の検討を進めることについてPCJPと基本合意書を締結したことについて発表した。

(左から)岩瀬淳一副社長、中原俊也常務
(左から)岩瀬淳一副社長、中原俊也常務

 同日、都内において記者会見を開催しJXTGエネルギーの岩瀬淳一副社長は、「2017年のJXTGグループ発足以降、製油所・製造所の最適生産・供給体制について検討を進めてきた」とし、「2020年1月にスタートする

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について