インドPVC輸入 8月は海外トラブルで7%減

2019年12月2日

日本がシェアトップ、AD解除や税率変更も影響

 貿易統計によると、インドの8月の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年同月比6.9%減の15万9000tとなり、7月(15万6000t)に続き低水準となった。

 今年はモンスーン期に入っても雨量が少なく、インド国内の引き合いは強い状況が続いていた。そうした中、南米に続き、韓国やインドネシアでも相次いでプラントトラブルが発生。世界的に需給タイトとなったことで、インド向け輸出が減少する結果となった。ただ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について