汎用四樹脂 5月の国内出荷は近年で最低レベルを記録

,

2020年6月19日

 業界筋によると、5月の汎用四樹脂の国内出荷は、すべての樹脂で前月比、前年同月比ともにマイナスとなった。近年の5月の出荷量としていずれも最低レベルとなっている。連休に伴い営業日数が減少する中、緊急事態宣言下の消費動向は前月に比べ改善傾向が見られたものの依然として厳しい状況が継続した。また、産業分野での輸送機械関連などを中心とした生産面のマイナス影響も出ている。

 前年比で分野別に見ると、主用途であるポリエチレン(LDPE、HDPE)のフィルム分野、ポリプロピレン(PP)の射出成形分野、ポリスチレン(PS)の包装分野の出荷で大幅な減少が見られた。

 5月の品目別の出荷合計は、LDPEは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について