石化協 MMAモノマー、6月の国内出荷は前年比44%増

, ,

2021年7月26日

 石油化学工業協会が21日に発表した6月のMMA(メタクリル酸メチル)の需給実績によると、モノマーの国内出荷は前年同月比44%増の1万1046tとなった。ポリマーの国内出荷は、押出板・注型板向けが同16%減の2310t、成形材料向けは同59%増の5341tだった。押出板・注型板向けは15カ月ぶりにマイナスとなった。コロナ対策のパーティション向けの需要は堅調さを維持しているものの、引き合いが強かった前年同月に比べ勢いはやや弱まっているようだ。また幅広い用途で使用される成形材料向けは大幅な伸びを継続し、再び5000t台を回復している。

 輸出は、モノマーが同29%減の5937t、ポリマーの押出板・注型板向けは同20%増%の55t、成形材料向けは同3%減の3130tだった。