プラ工連8月実績 製品生産は堅調も、自動車減産が響く

,

2021年10月15日

 日本プラスチック工業連盟がこのほど発表したプラスチック原材料・製品の生産・輸出入状況によると、確報となる7月のプラスチック原材料生産は、前年同月比14%増の84万6000tと5カ月連続のプラスだった。ただ、コロナ禍前の2019年との比較では、3%減と2カ月連続で前々年を下回った。8月は速報値ベースで前年同月比6%増と伸長している。

 8月の生産状況を見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について