【CN技術の社会実装】水素

,

2022年11月18日

サプライチェーンの構築を目指して各社の開発が活発化

 2015年のパリ協定において、地球温暖化対策としてGHG排出削減の国際的な枠組みが決定されたことを機に、グリーン化の流れが本格化した。日本を含め各国が2050年のカーボンニュートラル(CN)を宣言し、2030年のGHG削減目標を定めている。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入が進むとともに、燃焼時にCO2を排出しない「水素」が次世代エネルギーとしてカギを握りそうだ。

 水素には、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について