フタル酸系可塑剤 9月の国内出荷は4ヵ月ぶりに増加

, ,

2019年10月28日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、9月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比7%増の1万6700tとなり、4カ月ぶりにプラスとなった。

 品目別では、DOPは同8%増の8300t、DBPは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 8月の国内出荷は3ヵ月連続で減少

, ,

2019年9月29日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、8月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比10%減の1万3200tとなり、3カ月連続でマイナスとなった。

 品目別では、DOPは同13%減の6100t、DBPは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 7月の国内出荷は2ヵ月連続で減少

, ,

2019年8月28日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、7月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は前年同月比2%減の1万7200tとなり、2カ月連続でマイナスとなった。

 品目別では、DOPは同6%減の8200t、DBPは同13%減の46t、DIDPは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 6月の国内出荷は2カ月ぶりに減少

,

2019年7月26日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、6月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比3%減の1万7000tとなり、2カ月ぶりにマイナスとなった。

 品目別では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

可塑剤工業会 フタル酸系可塑剤の5月国内出荷は10カ月ぶりに増加

,

2019年6月19日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、5月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比2%増の1万6700tとなり、10ヵ月ぶりにプラスとなった。

 品目別では、DOPは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 4月の国内出荷は9カ月連続で減少

,

2019年5月27日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、4月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比3%減の1万7800tとなり、9カ月連続でマイナスとなった。

 品目別では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

フタル酸系可塑剤 3月の国内出荷は8カ月連続で減少

,

2019年4月22日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、3月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比9%減の1万7000tとなり、8カ月連続でマイナスとなった。

 品目別では、DOPは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

可塑剤工業会 フタル酸系可塑剤の2月の国内出荷は7カ月連続で減少

,

2019年3月19日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、2月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比1%減の1万7400tとなり、7カ月連続でマイナスとなった。

 品目別では、DOPは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

可塑剤工業会 フタル酸系可塑剤の1月の国内出荷は6カ月連続で減少

,

2019年2月25日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、1月のフタル酸系可塑剤の国内出荷は、前年同月比10%減の1万5900tとなり、6カ月連続でマイナスとなった。

 品目別では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

可塑剤工業会 昨年のフタル酸系可塑剤国内出荷は21万600t

,

2019年1月29日

 可塑剤工業会がこのほど発表した需給実績によると、2018年(1―12月期)のフタル酸系可塑剤の国内出荷は前年比6%減の21万600tとなり、4年ぶりに前年実績を下回った。ただ、前年(2017年)が7年ぶりに年間22万tを突破する高水準だったことを加味すれば、前年比ではマイナスとなったものの21万t超と堅調だった。

 今年については、新年賀詞交歓会で鮫島政昭会長(新日本理化 執行役員 可塑剤事業部長)が、「住宅着工件数や自動車の生産台数などの底堅い需要と、オリンピック関連の特需があると期待している」と展望を述べたように、それに伴う可塑剤の出荷増も見込まれる。

 昨年のフタル酸系可塑剤の国内出荷を品目別で見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について