三井化学 フェノール・チェーン製品のLCA算出で連携

, , , , , ,

2023年12月25日

 三井化学は22日、バイオマスナフサ由来エポキシ樹脂と石油ナフサ由来エポキシ樹脂のLCA(製品のライフサイクル全体を通じた環境影響評価)算出について、東京大学未来ビジョン研究センター菊池康紀准教授のグループおよび三井物産と共同研究を開始したと発表した。

 製品の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井物産 HVOとSAF製造、ポルトガル社と事業会社

, , , ,

2023年9月27日

 三井物産は26日、ポルトガル最大のエネルギー会社であるガルプ社(リスボン)と、再生可能ディーゼル(HVO)および持続可能な航空燃料(SAF)の製造事業を共同で推進することに合意したと発表した。当局による許認可取得次第、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井物産 台湾海龍洋上風力発電事業、最終投資を決断

, , ,

2023年9月25日

 三井物産は22日、台湾の海龍(ハイロン)洋上風力発電事業について、事業パートナーであるカナダの大手独立系発電事業者NPIと共に、プロジェクトファイナンスに係る契約発効を前提とした最終投資を決断したと発表した。プロジェクトファイナンスに係る契約は各種先行要件の充足後、2023年内の発効を予定している。

 同事業は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井化学など4社 大阪で水素・アンモニアSC共同検討

, , , , , ,

2023年8月31日

 三井化学、三井物産、IHI、関西電力の4社は30日、大阪の臨海工業地帯を拠点とする水素・アンモニアのサプライチェーン(SC)構築に向けた共同検討について覚書を交わした。なお、同SC構築で扱う水素は、アンモニアの分解(クラッキング)技術で得られるものを指す。

 4社は今後、同臨海工業地帯での

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

積水化学工業 陸上養殖事業を展開する会社の増資を引き受け

, , , , , , , ,

2023年7月21日

 積水化学工業は20日、三井物産など6社とともに、陸上養殖事業を展開するFRDジャパン(埼玉県さいたま市)の第3者割当増資を引き受けることを決定したと発表した。他の出資会社は、エア・ウォーター、STIフードホールディングス、長谷工コーポレーション、三井住友信託銀行、三菱UFJ銀行となっている。

陸上養殖事業で多様な社会課題の解決に貢献

 世界的な人口増加や

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井物産 デンマークでe‐メタノール製造、年産4万t

, , ,

2023年7月14日

 三井物産はこのほど、再生可能エネルギー会社ヨーロピアン エナジー(デンマーク・セーボー)から同社傘下のKasso MidCo社の株式49%を取得することに合意した。

デンマークの太陽光発電サイト

 MediCo社は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井物産 マレーシアのCCS事業の共同開発に着手

, , , , ,

2023年7月6日

 三井物産はこのほど、マレーシア国営石油会社ペトロナスと仏トタール・エナジーズのCCS事業会社トタール・エナジーズ・カーボン・ニュートラリティ・ベンチャーズとの間で、マレーシアでのCO2貯留サイトの共同開発に関する契約を締結した。アジア太平洋地域でのCO2の回収・貯留(CCS)、輸送を含むバリューチェーンを構築する。

マレーシアCCS事業 契約署名式

 開発対象地域であるマレーシアのマレー半島沖合は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井物産 セラニーズ傘下の機能性食品素材事業の株取得

, , ,

2023年6月30日

 三井物産はこのほど、米国セラニーズの100%子会社で機能性食品素材の製造販売事業会社「Nutrinova」の株式70%取得に向けた契約を締結した。取得対価は約660億円。許認可取得などを経て、2024年3月期中に持分法適用会社となる予定だ。

 同社(本社はオランダ・アムステルダム)は食品・飲料などに使用されるアセスルファムカリウム(高甘味度甘味料)と

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

マイクロ波化学 鉱山プロセス技術でリチウム製錬

, , , ,

2023年6月30日

三井物産のネットワークを活用、2026年に商業化

 マイクロ波化学(MWCC)と三井物産は27日、マイクロ波を用いた低炭素リチウム鉱石製錬技術について、共同開発契約を締結したと発表した。CO2排出の主要因となる煆焼(かしょう)プロセスを電化し、環境負荷の低い、世界初となるマイクロ波を利用したリチウム製錬技術の確立に取り組む。今後、共同開発においてパイロット実証を進め、2026年の商業化を目指し、新規リチウム鉱山や製錬工場への同技術の適用を検討していく方針だ。

マイクロ波装置のスケールアップを担う大阪事業所

 モビリティのEV化が急速に進み、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井物産 シェブロンとループ状地熱回収の実証試験開始

, , , , ,

2023年6月29日

 三井物産はこのほど、100%子会社の三井石油開発を介してシェブロン・ニュー・エナジーズ・ジャパン社と新たな地熱回収手法「アドバンスト・クローズド・ループ(ACL)技術」を使った実証試験を開始することで合意した。

ニセコ地域の従来型地熱調査用井の掘削

 ACL技術は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について