三菱ケミカルグループ 乳酸菌H・コアグランス、風邪様症状を改善

, , , , ,

2024年6月28日

 三菱ケミカルグループは27日、三菱ケミカルが、有胞子性乳酸菌プロバイオティクス「H・コアグランス」についてヒト臨床試験を行い、H・コアグランスが風邪様症状を緩和させることを確認したと発表した。同研究成果は専門誌「フロンティアーズ・イン・イミュノロジー」に掲載された。

H・コアグランス

 乳酸菌は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカルグループ 八ヶ岳で循環型社会実現と地方創生に向け連携

, , , , ,

2024年5月29日

 三菱ケミカルグループの三菱ケミカル、富士見町(長野県諏訪郡)、富士見パノラマリゾート(同郡富士見町)、フードアグリネクストラボ(山梨県北杜市)の4者はこのほど、環境に配慮した循環型社会実現と地方創生に向けた連携協定を締結したと発表した。

富士見町役場で行われた協定締結式

 2020年1月より三菱ケミカルとフードアグリネクストラボは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

エチレンセンター3社 西日本のCN化で共同検討開始

, , , , ,

2024年5月9日

 三井化学、旭化成、三菱ケミカルの3社は8日、各社が西日本にもつエチレン製造設備について、カーボンニュートラル(CN)を推進し脱炭素社会をリードするため、原燃料転換などの検討を共同で進めていくと発表した。

 政府が掲げる2050年までのCN実現に向け、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカルグループ 陰イオン交換樹脂、PFAS除去の研究を発表

, , , , , , , ,

2024年3月18日

 三菱ケミカルグループはこのほど、三菱ケミカル、金沢大学大学院、金沢大学、中央大学の研究グループが、九州大学で開催された「第58回日本水環境学会年会」(今月6~8日)において、陰イオン交換時樹脂のPFAS除去について、研究成果を発表した。

 演題は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカル 福井県と持続可能社会に向け包括連携協定

, , , ,

2024年2月14日

 三菱ケミカルグループは13日、グループ会社の三菱ケミカルが福井県と持続可能な社会構築に向けた包括連携協定を締結したと発表した。

福井県庁での協定締結式(左:三菱ケミカルの江口幸治代表取締役 右:福井県の杉本達治知事

 三菱ケミカルGは、化学を

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカル BNCT用PVA製剤の実用化で共同研究

, , , , , ,

2023年12月13日

 三菱ケミカル、ステラファーマ、東京大学はこのほど、ポリビニルアルコール(PVA)とボロノフェニルアラニン(BPA)から構成されるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)用製剤の実用化に向けた組成・製剤化方法の研究に関する共同研究契約を締結したと発表した。

 BNCTは、ホウ素(10B)に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカル 岡山事業所でGBLを増強、旺盛な需要に対応

, , ,

2023年8月4日

 三菱ケミカルは3日、岡山事業所(岡山県倉敷市)において、γ‐ブチロラクトン(GBL)の生産能力の増強を決定したと発表した。増強能力は年産2千tで、2024年7月の稼働を予定している。これにより、同社におけるGBLの生産能力は年産2万tに拡大する。

 GBLは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカル 東大とのGC共同研究、レポートを発表

, , , , ,

2022年9月14日

 三菱ケミカルグループは13日、三菱ケミカルと東京大学が昨年4月から取り組んできた、グローバル・コモンズ(GC:人類の持続的発展の共通基盤である地球環境システム)を守るための化学産業の役割に関する共同研究の成果として、「プラネット・ポジティブ・ケミカルズレポート」を公開したと発表した。

 共同研究の目的は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカル 耐傷つき性バイオエンプラ、ヘルメットに採用

, , ,

2022年7月27日

 三菱ケミカルはこのほど、バイオエンプラ「DURABIO(デュラビオ)」が、スターライト工業(大阪府大阪市)のバイオマスプラヘルメット「pervio BP」の帽体全体に採用されたと発表した。同製品は、6月よりスターライト工業から販売されている。

「デュラビオ」が採用されたヘルメット「pervio BP」

 「デュラビオ」は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三菱ケミカル 溶融繊維事業から撤退、競合他社との競争激化

, , , , ,

2022年5月24日

 三菱ケミカルはこのほど、愛知事業所で製造している溶融繊維「パイレン」「キラビス」事業から撤退すると発表した。2022年12月末日に原糸の生産を終了し、2023年3月末日に販売を終了する予定。

 溶融繊維は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について