JXTGエネルギー 神奈川初の燃料電池バスに水素供給を開始

, , , ,

2019年9月17日

 JXTGエネルギーはこのほど、横浜市が公共交通の低炭素化を目指して導入する燃料電池バス(FCバス)への水素供給事業者に決定したと発表した。

横浜南水素ステーション
横浜南水素ステーション

 横浜市は神奈川県で初めて市営バスとしてFCバス1台を試験導入し、みなとみらい地区などで運行することを決定した。燃料となる水素は、運行に適した同社の横浜南水素ステーション(横浜市南区)で充填する。

 同ステーションの充填機に、燃料電池自動車(FCV)に加え、FCバスにも対応できる水素充填プログラムを導入することで、充填機1台で対応できる体制を整備する。10月2日の運行開始に合わせFCバスへの水素供給を開始することで、「Zero Carbon Yokohama」を掲げる、横浜市の持続可能な大都市モデルの実現に協力していく。

 横浜南水素ステーションは2016年3月に開所した。ENEOS水素サプライ&サービスが運営している。圧縮水素を水素トレーラーなどで輸送するオフサイト方式となっており、供給設備は圧縮機・蓄圧器・冷凍機・充填機などで構成されている。供給能力は300N㎥/時。

 同社は、全国で41カ所(神奈川県下13カ所、横浜市内6カ所)の水素ステーションを運営している。今後もFCVやFCバスをはじめ、他のモビリティへの供給体制を整備し、水素の製造、輸送・貯蔵から販売に至るまでのサプライチェーン構築に積極的に取り組み、水素エネルギー社会の実現に向けて貢献していく方針だ。

JXTGエネルギー 人事(10月1日)

2019年9月4日

[JXTGエネルギー・人事](10月1日)▽仙台製油所直課長渡邉英基▽同三浦明伸▽同近江史郎▽同茂木秀悦▽同阿部亨▽中国支店副支店長兼販売3グループマネージャー松葉基博▽リソーシズ&パワーカンパニーRPC企画部副部長鈴木徳郎▽同カンパニー同部電力燃料グループマネージャー才木誠▽同カンパニー同部RPC総括グループマネージャー野地実▽同カンパニー電気ガス販売部電気ガス総括グループマネージャー二股茂晴▽同カンパニー同部電気ガス企画グループマネージャー横関裕正▽同カンパニー同部広域電気販売1グループマネージャー久保直寿▽同カンパニー同部電気ガス販売2グループマネージャー池元康成▽同カンパニー同部広域電気販売2グループマネージャー横川義生▽同カンパニー同部電気ガス販売1グループマネージャー田川秀夫▽出向鹿島石油鹿島製油所直課長宮前健司▽同前田武男▽同飯田晃▽同光延吉充▽同原田信浩。

JXTGエネルギー 組織改正(10月1日)

2019年9月4日

[JXTGエネルギー/組織改正](10月1日)【リソーシズ&パワーカンパニー】▽RPC企画部①電力燃料1グループを「電力燃料グループ」に名称変更する②電力燃料2グループを廃止する(電力会社向け燃料販売体制を集約するもの)▽電気ガス販売部①「電気ガス企画グループ」および「広域電気販売1グループ」を設置する②電気販売総括グループを「電気ガス総括グループ」に、コンシューマー販売グループを「電気ガス販売1グループ」に、代理店販売グループを「電気ガス販売2グループ」に、西日本電気販売グループを「広域電気販売2グループ」にそれぞれ名称変更する③都市ガス販売企画グループを廃止する(家庭向けの電気小売販売・都市ガス小売販売の効果的・効率的な業務運営を目的に、組織体制を変更するもの)。

JXTGエネルギー 9月のベンゼンACPは680ドルで決着

,

2019年9月3日

 JXTGエネルギーは2日、9月分のベンゼンACP(アジア契約価格)を680ドル/tで決着したと発表した。

 8月のベンゼン市況は、引き続き旺盛な米国向け輸出と堅調な域内需要を受けて上昇。こうした市場環境を反映し、9月契約価格は前月比トン10ドル高で決着した。なお、国内価格換算想定値は77.8円/kg。

JXTGエネルギー CO2フリー水素を活用へ 研究組合に参画

,

2019年8月29日

 JXTGエネルギーは「技術研究組合 CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)」に、商用化検討を進める企業メンバーとして参画した。

 HySTRAはオーストラリアで未利用褐炭から製造された、CO2フリー水素を液化して日本へ輸送する、国際的なサプライチェーン構築に向けた実証事業に取り組んでいる。将来の安価で安定的なCO2フリー水素の本格活用に向け、「褐炭からの水素製造」「液化水素の長距離大量輸送」「液化水素荷役」という、製造、輸送・貯蔵、利用までのサプライチェーンで必要になる技術の確立と実証を目的として、2016年に結成された。

 現在、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受け、パイロット実証に取り組むとともに、2030年頃の当該技術の大規模な社会実装に向けて商用化検討が実施されている。

 JXTGエネルギーは石油精製事業で大量の水素を製造・消費すると同時に、水素ステーションでの水素供給事業を展開している。将来、水素の活用範囲が大規模発電や産業用途に拡大していく大量消費時代が到来した際には、CO2フリー水素のサプライチェーン構築に先駆的に挑んできたHySTRAの取り組みが、新たなエネルギーインフラの基盤になり得ると考え、今回、HySTRAに参画することにした。

 これにより、同社は石油関連施設や水素ステーションなどの既存インフラに加え、長年、水素を取り扱ってきたノウハウを活用することで、CO2フリー水素の需要先創出の側面から早期のサプライチェーン構築に貢献できるよう、商用化検討に取り組んでいく。

JXTGエネルギー 「全国オイル販売優秀SS認定式」を開催

, ,

2019年8月23日

 JXTGエネルギーとENEOSトレーディングはこのほど、都内のホテルで「2018年度トータルオイルプログラム全国オイル販売優秀SS認定式」を開催した。

 2018年度から新たにスタートしたトータルオイルプログラムに参加したSSの中で、「SSオイル1kl/月認定」「ENEOS SUSTINA・Mobil1 300l/月認定」「FO比(燃料油販売量に対するオイル販売量の比率)0.5%認定」を達成した全国92SSに対し、認定証の授与を行った。

 さらに、JXTGエネルギーが定めるオイル販売の資格制度「ENEOSオイルマスター・Mobil1マスター」をもつ全国約1600人のSSスタッフの中から、特に優秀な実績を上あげた全国上位20人を表彰した。

 これは、オイル販売に必要とされる商品知識と販売スキルを持ち、一定基準のオイル販売実績を上げたSSスタッフに対する資格認定制度。認定式の後には、事例発表として、全国で唯一認定3冠を達成したENEOSジェネレーションズ馬事公苑SSの生田遼マネージャーが成功事例を発表し、3冠達成までの道のりとノウハウを共有した。

 JXTGエネルギーは、同社の潤滑油製品の販売活動に協力している特約店・SSを全力でサポートし、顧客に支持される商品・サービスを引き続き提供していく。

JXTGエネルギー 東京パラのイベントで車いすバスケ体験ブース

, , ,

2019年8月22日

 JXTGエネルギーは今月24日に東京・墨田区総合体育館で開催される東京2020競技体験イベントで、車いすバスケットボールの競技体験ブースを展開する。

 東京2020パラリンピックの1年前となる同日に行われる「東京2020 Let‘s 55~レッツゴーゴー~ パラリンピック1年前スペシャル with 墨田区」は、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催までに、大会の全55競技を体験する場を提供するもので、楽しみながら競技やアスリートを知ることで、東京大会をより身近に体感するイベントだ。

 7回目の開催となる今回は、パラリンピック13競技13種目の体験コンテンツが用意される。同社は、東京大会のパートナー企業である三菱電機やJTBとともに3社コラボで、実際に車いすに乗って競技を体験できる「車いすバスケットボール体験コーナー」などの企画を実施する。

 さらに、同社のキャラクター「エネゴリくん」と写真撮影ができるフォトスポットや、ENEOSオリジナルグッズプレゼントなども企画されている。JXTGエネルギーは、東京2020ゴールドパートナー(石油・ガス・水素・電気供給)として、「ENERGY for ALL」を合言葉に、すべての人に「熱いエネルギー」を届ける様々な活動を展開し、東京大会の成功に貢献していく。

JXTGエネルギー 水島製油所がスーパー認定事業者に認定

, ,

2019年8月19日

 JXTGエネルギーはこのほど、水島製油所が「高圧ガス保安法における新認定事業者制度(特定認定事業者など)」で、特定認定事業者(通称:スーパー認定事業者)に認定されたと発表した。同社では、すでに川崎製油所(2017年12月)と堺製油所(2018年2月)が認定されている。

 同制度はIoT・ビッグデータなどの活用、高度なリスクアセスメントの実施などを通じて、特にレベルの高い自主保安を実現している事業所をスーパー認定事業所として認定するもの。これにより、連続運転期間や検査手法を自由に設定できるようになるなど、高度な自主保安の実現とともに、より柔軟で効率的な事業運営が可能となる。

 具体的には①連続運転期間を事業者が8年まで自由に設定(従来の認定事業者の場合、4年までなど大臣に認められた期間)②検査方法を事業者の設定した方法で実施(同、大臣に認められた方法)③認定期間が7年に延長(同、5年)できる。

 水島製油所ではこれまで、安心・安全・安定操業の実現に向け、統合マネジメントシステムの構築、リスクアセスメントの網羅性と質の向上、運転支援システムを始めとした先進技術の積極的な導入など、さまざまな保安管理活動を推進するとともに、ヒューマンスキルを含めた人材育成の強化に取り組んできた。

 今後は、リスクアセスメントのさらなる充実とプロセス安全技術者の育成に取り組み、特定認定事業者として、さらに高度な保安管理活動を推進し、業界の自主保安レベルの向上にも貢献していく。

JXTGエネルギー 8月のベンゼンACPは670ドルに

,

2019年8月2日

 JXTGエネルギーは1日、8月分のベンゼンACP(アジア契約価格)をトン670ドルで決着したと発表した。

 7月のベンゼン市況は、引き続きおう盛な米国向け輸出と堅調な域内需要を受けて上昇。こうした市場環境を反映し、8月契約価格は前月比35ドル/t高で決着した。なお、国内価格換算想定値は78.1円/kg。

JXTGエネルギー 供給体制再構築、大阪製油所を千葉に移管

,

2019年7月24日

 JXTGエネルギーは23日、ペトロチャイナ(PCI)傘下の中国石油国際事業日本(PCJP)との合弁会社「大阪国際石油精製(OIREC)」が運営する大阪製油所(原油処理能力11万5000BD)を、2020年10月を目途に停止しアスファルト発電設備を運営する事業所として再構築すること、またOIRECの運営する製油所を現在の大阪製油所から千葉製油所(同12万9000BD)に変更の上、協業継続の検討を進めることについてPCJPと基本合意書を締結したことについて発表した。

(左から)岩瀬淳一副社長、中原俊也常務
(左から)岩瀬淳一副社長、中原俊也常務

 同日、都内において記者会見を開催しJXTGエネルギーの岩瀬淳一副社長は、「2017年のJXTGグループ発足以降、製油所・製造所の最適生産・供給体制について検討を進めてきた」とし、「2020年1月にスタートする

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について