旭化成 マスバランス方式のS‐SBR・BR、販売開始

, , , ,

2022年11月21日

 旭化成はこのほど、合成ゴム事業部が「ISCC PLUS認証」を取得したことを受け、川崎製造所および認証取得済であるシンガポール拠点において、マスバランス方式でS‐SBR(溶液重合スチレン・ブタジエンゴム)およびBR(ポリブタジエンゴム)を生産し、今月から販売を開始すると発表した。

エコタイヤ(イメージ)

 同社はこれまで、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

旭化成 「ISCC PLUS認証」を複数の製品で取得

, ,

2022年11月16日

 旭化成は15日、同社および関係会社が持続可能な製品の国際的な認証制度の1つである「ISCC PLUS認証」を複数製品で新たに取得したと発表した。

 同認証は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

三井化学など ISCC PLUS認証を新たに取得

, ,

2022年6月3日

 三井化学は2日、同社および関係会社が、持続可能な製品の国際的な認証制度の1つである「ISCC PLUS認証」を新たに取得したと発表した。

 昨年11月の大阪工場に続き、市原工場と同社グループ会社も同認証を取得している。なお現時点では、市原工場への

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

旭化成 バイオマス原料由来のANを韓国で生産

, , , ,

2022年1月24日

ISCC認証を取得、マスバランス方式で販売へ

 旭化成は21日、100%子会社である韓国・東西石油化学が、昨年10月に持続可能な製品の国際的な認証制度の1つであるISCC PLUS認証(国際持続可能性カーボン認証)を取得し、今年2月以降にバイオマスプロピレンを使ったアクリロニトリル(AN)の生産を開始すると発表した。

 ANは、ABS樹脂やアクリルアマイド、アクリル繊維の原料として利用されるほか、各種化学品合成原料として使用されている。近年は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について